広見[町](読み)ひろみ

  • 広見

百科事典マイペディアの解説

愛媛県南部,四万十(しまんと)川上流を占める北宇和郡の旧町。主集落の近永は鬼北(きほく)盆地の中心で,予土線に沿う。米作,野菜栽培,養豚・養鶏が盛んで,クリも産しアルコール工場もある。2005年1月北宇和郡日吉村と合併し町制,鬼北町となる。152.98km2。1万1116人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

愛媛県南西部,北宇和郡の町。人口1万1625(1995)。周囲を山に囲まれ,鬼ヶ城連峰の北に開けた鬼北(きほく)盆地に位置する町で,四万十(しまんと)川に合流する広見川支流を集めて中央を流れ,三間(みま)川を合わせて松野町に入る。江戸時代は大部分が宇和島藩領で,広見川上流部の村々は吉田藩領であった。山村では紙すきが盛んであったが,1793年(寛政5)吉田藩の統制に抗して起こった武左衛門一揆は当町域をもまき込んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android