コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座喜味城跡 ザキミグスクアト

4件 の用語解説(座喜味城跡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ざきみぐすく‐あと【座喜味城跡】

ざきみじょうあと(座喜味城跡)

ざきみじょう‐あと〔ザキミジヤウ‐〕【座喜味城跡】

《「ざきみぐすくあと」とも》沖縄県中頭(なかがみ)郡読谷(よみたん)村にある城跡。15世紀初頭に中世沖縄の有力按司(あじ)護佐丸(ごさまる)によって築城されたものといわれる。昭和47年(1972)国指定史跡。平成12年(2000)「琉球王国グスク及び関連遺産群」の一つとして世界遺産文化遺産)に登録された。→琉球

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

座喜味城跡【ざきみじょうあと】

沖縄県読谷(よみたん)村北部,標高127mの高台にある石垣囲いの施設〈グスク〉のうちの一つ。15世紀ごろ,築城家として知られる護佐丸によって築かれたとされ,1の郭と2の郭で構成される。
→関連項目沖縄[県]世界遺産条約中城城跡

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

国指定史跡ガイドの解説

ざきみじょうあと【座喜味城跡】


沖縄県中頭(なかがみ)郡読谷(よみたん)村座喜味にあるグスク(城)跡。沖縄本島中部西海岸の赤土台地に築かれ、築城家として名高い護佐丸(ごさまる)が、15世紀初期に築いたといわれている。護佐丸は中山王(ちゅうざんおう)の尚巴志(しょうはし)とともに、北山や南山と戦い、琉球王国の統一に大いに活躍した武将である。城の歴史上の役割や石造拱門(アーチ門)を含めた築城技術の重要性から、1972年(昭和47)に国の史跡に指定。1978年(昭和53)に追加指定と一部解除があった。遺跡は、標高約120mの名護層を基盤とする丘陵に立地しており、一の郭(くるわ)と二の郭からなる。それぞれの郭には石造拱門が造られており、アーチがかみあう中央にくさび石がはめられており、他のグスクには類例がない。郭内の面積は約7400m2で、城壁は高い所で約13m、低い所で約3m。城壁の石材は琉球石炭岩で、相方(あいかた)積みと布積みの手法を用い、重厚で曲線が多くとりいれられている。2000年(平成12)、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として、世界遺産に登録された。那覇バスターミナルから沖縄バス「座喜味」下車、徒歩約20分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の座喜味城跡の言及

【読谷[村]】より

…また,読谷山花織(ゆんたんざはなうい)や読谷壺屋焼などの伝統工芸がある。護佐丸が築城した座喜味(ざきみ)城跡(史),琉球音楽の始祖とされる赤犬子(あかいんこ)をまつる赤犬子宮などの史跡がある。【堂前 亮平】。…

※「座喜味城跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

座喜味城跡の関連キーワード沖縄県中頭郡読谷村上地沖縄県中頭郡読谷村宇座沖縄県中頭郡読谷村喜名沖縄県中頭郡読谷村儀間沖縄県中頭郡読谷村座喜味沖縄県中頭郡読谷村楚辺沖縄県中頭郡読谷村都屋沖縄県中頭郡読谷村長田沖縄県中頭郡読谷村比謝沖縄県中頭郡読谷村

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

座喜味城跡の関連情報