コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座喜味城跡 ザキミグスクアト

デジタル大辞泉の解説

ざきみぐすく‐あと【座喜味城跡】

ざきみじょうあと(座喜味城跡)

ざきみじょう‐あと〔ザキミジヤウ‐〕【座喜味城跡】

《「ざきみぐすくあと」とも》沖縄県中頭(なかがみ)郡読谷(よみたん)村にある城跡。15世紀初頭に中世沖縄の有力按司(あじ)護佐丸(ごさまる)によって築城されたものといわれる。昭和47年(1972)国指定史跡。平成12年(2000)「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。→琉球

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

座喜味城跡【ざきみじょうあと】

沖縄県読谷(よみたん)村北部,標高127mの高台にある石垣囲いの施設〈グスク〉のうちの一つ。15世紀ごろ,築城家として知られる護佐丸によって築かれたとされ,1の郭と2の郭で構成される。
→関連項目沖縄[県]世界遺産条約中城城跡

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

国指定史跡ガイドの解説

ざきみじょうあと【座喜味城跡】


沖縄県中頭(なかがみ)郡読谷(よみたん)村座喜味にあるグスク(城)跡。沖縄本島中部西海岸の赤土台地に築かれ、築城家として名高い護佐丸(ごさまる)が、15世紀初期に築いたといわれている。護佐丸は中山王(ちゅうざんおう)の尚巴志(しょうはし)とともに、北山や南山と戦い、琉球王国の統一に大いに活躍した武将である。城の歴史上の役割や石造拱門(アーチ門)を含めた築城技術の重要性から、1972年(昭和47)に国の史跡に指定。1978年(昭和53)に追加指定と一部解除があった。遺跡は、標高約120mの名護層を基盤とする丘陵に立地しており、一の郭(くるわ)と二の郭からなる。それぞれの郭には石造拱門が造られており、アーチがかみあう中央にくさび石がはめられており、他のグスクには類例がない。郭内の面積は約7400m2で、城壁は高い所で約13m、低い所で約3m。城壁の石材は琉球石炭岩で、相方(あいかた)積みと布積みの手法を用い、重厚で曲線が多くとりいれられている。2000年(平成12)、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として、世界遺産に登録された。那覇バスターミナルから沖縄バス「座喜味」下車、徒歩約20分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

世界大百科事典内の座喜味城跡の言及

【読谷[村]】より

…また,読谷山花織(ゆんたんざはなうい)や読谷壺屋焼などの伝統工芸がある。護佐丸が築城した座喜味(ざきみ)城跡(史),琉球音楽の始祖とされる赤犬子(あかいんこ)をまつる赤犬子宮などの史跡がある。【堂前 亮平】。…

※「座喜味城跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

座喜味城跡の関連キーワード沖縄県中頭郡読谷村座喜味山田城跡読谷村

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

座喜味城跡の関連情報