コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庵/菴 アン

デジタル大辞泉の解説

あん【×庵/×菴】

[名]
世捨て人や僧侶などの閑居する小さな草葺(くさぶ)きの家。草庵。いおり。「―を結ぶ」
大きな禅寺に付属している小さな僧房。
[接尾]文人・茶人やそれらの人の住居、また料亭などの名に添えて、雅号・屋号として用いる。「芭蕉―」「好日―」

あん【庵】[漢字項目]

人名用漢字] [音]アン(呉)(漢) [訓]いおり いお
草葺(ぶ)きの小さな家。いおり。「庵室庵主草庵僧庵

いお〔いほ〕【×庵/×廬/×菴】

いおり1」に同じ。
「軒端(のきば)の松を寂しき―の友として」〈露伴・二日物語〉

いおり〔いほり〕【×庵/×廬/×菴】

草木や竹などを材料としてつくった質素な小屋。僧・隠者などが住む小さな住居や、農作業などの仮小屋。また、自分の家を謙遜していう。草庵(そうあん)。いお。くさのかりや。「―を結ぶ」
軍隊の一時宿泊する所。軍営。
紋所の一。庵形の紋。
庵形」の略。
庵看板1」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いおり【庵】

出家した僧尼世俗をさけた隠遁者が住む小住居。草庵,庵室,退居庵ともいう。ここに住む庵主は第一線を退いた老尼僧や地方土豪の半聖半俗の翁媼が多く,閑居の宗教生活を送った。寺院が寺産,寺名,寺格,祭祀具,住持という条件がそろうと成立し,檀信徒や住持の相続がなされて発展するのに対して,庵はこれらの条件が不安定かつ小規模である。大寺院境内の塔頭(たつちゆう)や地方土豪の持庵も庵の一種。文人,茶人の庵号仮居もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の庵/菴の言及

【寺院】より

…院は周囲に垣をめぐらした建物をいい,官舎の名にも用いられたが,仏寺の名に院号をつけることがさかんになったのは唐末からである。寺,院より規模の小さなものは,庵,堂などと名づけた。中国で最初の寺院は,後漢明帝のとき洛陽に建てられた白馬寺と伝える。…

【塔頭】より

…禅宗寺院の子院で塔中とも書く。高僧の住房や庵居から発展し,その墓(塔)を守って弟子が相伝した。塔の中で首座にあるところから塔頭と呼んだとも,また塔の頭(ほとり)でこれを守ったことから塔頭と呼んだともいう。…

※「庵/菴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

庵/菴の関連キーワード浅草庵市人(あさくさのいちひと)幽庵漬け/祐庵漬け/柚庵漬け大阪府大阪市天王寺区空清町千宗淳(せんのそうじゅん)千宗淳(せんそうじゅん)幽庵焼き/祐庵焼き岩本乾什(2代)山口県山口市天花初代継我庵市丸清庵浜請負新田狐狸庵山人ソックラム円珠庵雑記曽我二直庵蓑虫庵猪来曾我二直庵田中一円斎比喜多松斎倉田葛三村瀬玄中

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android