国忌(読み)コキ

世界大百科事典 第2版の解説

こっき【国忌】

〈こき〉ともいう。先帝の没した日に相当する日に,国の行事として追善供養の仏事を寺院で行うこと。687年(持統1)の天武天皇の一周忌の国忌のが最初。翌年には国忌に必ず衆僧に食事を供養する斎会を設けることを定め,702年(大宝2)には国忌の日に政務を休むことを制度化した。一方,国忌を先々帝,天皇の父母,皇后等の命日にも逐次広げていったので,国忌の増加につれて国忌による政務の渋滞が起こり,ついに791年(延暦10)には中国の九廟の制に倣って,逐次古い方の国忌を廃して新しい方の国忌を置くことにした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こっき【国忌】

皇祖・天皇・母后などの命日。当日は急を要する政務以外は休み、仏事を行なった。こき。 「御-・御中陰の過ぐるを遅しとぞ相待ちける/太平記 21

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐き【国忌】

源氏(1001‐14頃)賢木「しも月のついたちころ御こきなるに、雪いたうふりたり」

こっ‐き コク‥【国忌】

〘名〙 皇祖、先皇、母后などの命日。この日は政務を休み、追善供養の法要を行ない歌舞管弦をつつしんだ。時代によって廃止されたり、置かれたりした。こき。
※令義解(718)職員「卿一人。〈掌本姓。〈略〉国忌〈謂。先皇崩日也〉〈略〉及諸蕃朝聘事〉」
建武年中行事(1334‐38頃)三月「中の午日、石清水の臨時祭なり、国忌にあたりたらば下のむまなり」 〔元稹‐辛夷花詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の国忌の言及

【国忌】より

…先帝の没した日に相当する日に,国の行事として追善供養の仏事を寺院で行うこと。687年(持統1)の天武天皇の一周忌の国忌の斎が最初。翌年には国忌に必ず衆僧に食事を供養する斎会を設けることを定め,702年(大宝2)には国忌の日に政務を休むことを制度化した。…

※「国忌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android