コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廃水処理 はいすいしょり wastewater treatment

1件 の用語解説(廃水処理の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はいすいしょり【廃水処理 wastewater treatment】

工場や事業所などから排出される廃(排)水中の有害物質や汚濁物質を除去する操作。公共水域の水質保全のために,工場や事業所から出される排水は〈水質汚濁防止法〉や都道府県条令などに定められた基準まで浄化して排水しなければならない。そのために廃水の種類や内容に応じて各種の処理法が開発されているが,大別すると,固液分離,物理化学的処理,生物学的処理,熱処理の四つとなる。 固液分離は,廃水中の浮遊物を分離回収することを目的としている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

廃水処理の関連キーワード煙霧保安要員放水路ロックアウトSPM排出物月経期工場廃水ファルタ係数

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

廃水処理の関連情報