コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建物保護法 たてものほごほう

3件 の用語解説(建物保護法の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

建物保護法【たてものほごほう】

正称は〈建物保護ニ関スル法律〉(1909年)。借地人が借地上の建物について保存登記をしておけば,その土地の借地権(賃借権,地上権)については別に登記をしておかなくとも,第三者に対抗できる旨を規定。
→関連項目地上権

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たてものほごほう【建物保護法】

〈建物保護ニ関スル法律〉の略称。1909年公布,1991年借地借家法制定とともに廃止。借地人(賃借人,地上権者)が借地上に所有する建物の登記がなされていれば,借地の所有者が交代しても賃借権または地上権を主張できるとしたもの。民法典上は,賃貸されている土地の所有者がかわると,賃借権が登記されていない限り,賃借人は賃借権を新しい地主に主張(対抗)できないことになるが(605条),実際には,賃借権の登記は,ほとんどなされなかったため,地主は賃借人に地代値上げを請求し,賃借人がこれを承諾しないと,所有権を譲り渡して新地主から賃借人に明渡しを求めるという方策をとった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

建物保護法
たてものほごほう

「建物保護ニ関スル法律」(明治42年法律40号)の略称。1991年(平成3)借地借家法の制定(法律90号)により、借地法、借家法とともに廃止された。借地借家法は、建物保護法など3法の基本部分を受け継ぎつつ、社会・経済の変化に応じて大幅な修正を加えているが、経過措置として、旧法の効力は一定の範囲で維持されている。建物保護法は、日露戦争後の地価暴騰の際に盛んに行われた地震売買(地上権、賃借権を設定しながら登記をしない場合に、地主が地代値上げの目的でその土地を売却すること)に対し、借地人を保護するために制定された。賃貸借の目的たる土地の譲渡があった場合、借地の登記がなければ、土地の譲受人に対抗できない。民法は不動産賃借権の登記を認めたが(605条)、賃貸人に登記協力の義務がないため、これは有名無実となっている。そこで建物保護法は、建物の所有を目的とする地上権または土地の賃借権を保護するため、もっと簡便な方法を認めた。すなわち、地上建物の登記をすれば、借地権をもって新地主などの第三者に対抗できるものとしたのである(1条)。なお、この規定は借地借家法に基本的に受け継がれた(借地借家法10条1項)が、同法は、建物の保護から借地権の保護へと進めている(同2項)。建物の滅失があっても借地権の効力はある、ということ。[淡路剛久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

建物保護法の関連キーワード保険募集の取締に関する法律特殊鳥類世界遺産保護条約国民保護指針資産流動化法鳥獣保護法反復興奮系の法則ジュネーブ諸条約と共通第3条

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone