コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁道 べんどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弁道
べんどう

荻生徂徠著の儒学書。1巻。享保2 (1717) 年成稿,元文2 (37) 年刊。『弁名』と並んで「二弁」と呼ばれ,ともに徂徠学神髄を伝える最も代表的な著作

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

弁道【べんどう】

荻生徂徠(おぎゅうそらい)の著。1巻。1717年成る。25条からなり,簡潔な徂徠学概説書といえる。聖人の道を,仁・性・天理・詩書礼楽(れいがく)などの面から述べ,子思・孟子以下,宋儒・伊藤仁斎の説をしりぞけ,古文辞(こぶんじ)によって,古言をありのままにとらえる復古学の立場を主張。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

べんどう【弁道】

荻生徂徠の著書。1717年(享保2)7月成稿。同年彼を訪問した藪震庵,竹田春庵ら宋学者との論戦が執筆の直接原因となった。全部で25条から成り,簡潔な徂徠学概説書といえる。宋学,仁斎学四書・論孟中心主義を〈義理孤行〉と批判し,みずからは〈物〉=六経と,〈名〉=《論語》《礼記》の統一的把握による古道復元を提唱した。先王による道の作為説,礼楽制作の一点に絞った聖人の定義づけなど,破天荒な主張を展開。安民仁政を道の本意とし,詩書礼楽をその手段の体系としてつかむ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の弁道の言及

【道】より

…一つは〈道は知り難く,また言い難し。その大なるがためなり〉(《弁道》),すなわちその限定不可能性。〈道は統名なり〉(《弁名》),すなわちその包括性。…

※「弁道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

弁道の関連キーワード武者小路千家流宇佐美しん水宇佐美灊水学道用心集弁道・弁名元禄文化太宰春台石川麟洲平田篤胤正法眼蔵亀井昭陽永平清規等しむ列女伝森東郭碧巌録覚道沢庵混く厳浄

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弁道の関連情報