引きこもり(読み)ひきこもり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

引きこもり
ひきこもり

自宅あるいは自室に引きこもって社会生活をしないまま年単位の時を過ごす状態。厚生労働省定義では,社会的参加を回避し,6ヵ月以上にわたり家庭にとどまり続けている状態をさす。統合失調症うつ病,強迫性障害(→強迫神経症),パニック障害(→不安神経症)などでもそのような状態になるが,精神障害がなくても起こる引きこもり状態を社会的引きこもり social withdrawalという。病名ではなく一つの総合的な状態につけられた名称である。若年層だけでなく 30代以降にも多くみられ,対人恐怖,強迫症状,家庭内暴力,不眠,抑うつ気分,自殺願望,摂食障害などの症状も現れる。不登校をきっかけに長期的な引きこもりになる例も少なくない。統合失調症,うつ病などが原因と考えられれば薬物療法なども有効であるが,そうでなければ専門家による精神療法,本人や家族に対する支援など日常的かつ長期的なケアが必要となる。保健所,全国的な親の会などに相談窓口がある。2010年に全国 15~39歳の 5000人を対象に内閣府が行なった実態調査では,ほとんど外出しない狭義の引きこもりと,趣味の用事のときだけ外出する準引きこもりを合わせた広義の引きこもりは,約 70万人と推計された。(→ニート

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

引きこもり

厚生労働省は、仕事や学校にいかず、家族以外の人とほとんど交流せず、6カ月以上続けて自宅に閉じこもっている状態を「引きこもり」と定義。2010年の実態調査に基づき、「自室からほとんど出ない」「家からは出ない」「ふだんは家にいるが近所のコンビニなどには出かける」と答えた人を「狭義の引きこもり」、これに「趣味に関する用事のときだけ外出する」と答えた人を加えたものを「広義の引きこもり」とした。

(2014-04-19 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

引きこもり
ひきこもり

「人づきあいに自信がもてない」「他人に接したときに自分が傷つくのがおそろしい」「他人を傷つけはしないかとおそれる」「他人とどう接したらいいかわからない」などの理由をあげて、長期間にわたり自宅に閉じこもる状態。なかには「ストレスが強くかかるので外に出られない」「会社の人間関係が煩わしい」というものから、「妄想や幻覚があって被害感が強いので外に出られない」という精神医学的にみて病理性が高いものまである。学齢のものでは「登校拒否」がその典型例であったが、この登校拒否も拒否的行動とはいえないので「不登校」といわれるようになった。さらに「登社拒否」、「出社拒否」ということばもつくられたが、こうした引きこもりは思春期を中核群として一方では低年齢化、他方では高年齢化している。引きこもりの心性には、社会的責任を受け止めるだけの社会的成熟が遅れているものが多く、したがって精神的には未熟であるものが多い。長い間引きこもり状態にあった者のなかから突発的に犯罪行為をはじめ非行行為を行うケースも出るようになって、これら非行と引きこもりの関係を明らかにしようとする研究が始まっている。精神的な未熟さをもちながらも「怠け」とは異なった半病理性の状態ともいえる。東京都は2007年(平成19)より3年計画で、全国初の地域調査を実施した。[吉川武彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

引きこもりの関連情報