コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄巾の乱 こうきんのらん Huang-jin; Huang-chin

6件 の用語解説(黄巾の乱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄巾の乱
こうきんのらん
Huang-jin; Huang-chin

中国,後漢末の農民反乱。黄巾を標識としたためこの名がある。後漢朝も2世紀末には外戚,宦官,官僚が権力争いを繰返して政治が乱れた。地方では天災飢饉が続発し,農民の反乱が絶えなくなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうきん‐の‐らん〔クワウキン‐〕【黄巾の乱】

中国で後漢末期に、張角が首領となって起こした農民の反乱。184年、黄老の教えに基づく太平道を奉じ、全員が土の徳を示す黄色い布を付けて決起したが、張角の死で衰え、平定された。黄巾の賊。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

黄巾の乱【こうきんのらん】

中国,後漢末の宗教的な農民反乱。政府の太平道への弾圧に対して184年,その首領張角によって起こされた。後漢の火徳に代わる意味で土徳を示す黄色の頭巾(ずきん)をつけたので黄巾と呼ばれる
→関連項目魏晋南北朝時代三国演義三国時代(中国)鄭玄劉備

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうきんのらん【黄巾の乱】

中国,後漢(25‐220)末の宗教反乱。黄色の頭巾をつけて目印にしたので黄巾huáng jīnとよばれた。後漢中期になると豪族が大土地所有を基盤に村落社会を支配,伝統的な村落秩序は崩壊する。天災と飢饉も頻発し,窮迫した農民は豪族に隷属し,あるいは流亡化して華北には膨大な没落農民・流民が発生した。時の政権は腐敗を極めて事態は悪化,これに抵抗した儒家・士大夫の運動も党錮の禁で挫折する。そのころ鉅鹿(河北省)の張角が〈太平道〉を創唱,罪のざんげによる療病と倫理的な生き方を説き,疫病の蔓延(まんえん)に苦しみ,村落社会から疎外された没落農民・流民を救済して,十数年間に数十万の信徒を得て各地に教団を組織した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうきんのらん【黄巾の乱】

中国、後漢末の農民反乱。太平道という新興宗教で貧窮農民の心をとらえた張角は信徒を組織して、184年に蜂起。衆徒は目印として黄巾を着用。乱は鎮定されたが、これをきっかけに群雄割拠を招来、後漢は滅亡し、三国鼎立の時代となる。 → 太平道

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黄巾の乱
こうきんのらん

中国、後漢(ごかん)末の農民反乱。後漢代後半、豪族の大土地所有の進展につれて、多数の農民が土地を失って没落した。また外戚(がいせき)、宦官(かんがん)、党人官僚三つどもえの政争によって中央政府の機能は低下し、洪水や干魃(かんばつ)や流行病がしきりに発生した。鉅鹿(きょろく)(河北省南部)の人張角(ちょうかく)は、黄帝(こうてい)信仰や道家(どうか)学説を含む初期道教の一派である太平道(たいへいどう)を創始して、大賢良師(たいけんりょうし)と自称した。教義による呪術(じゅじゅつ)と信徒本人の懺悔(ざんげ)、反省によって病気が治るという太平道の教えは、黄河下流域の多数の貧困と病気に苦しむ農民たちをその教団に組織することに成功した。たまたま後漢霊帝(れいてい)代の184年は、60年を1周期とする干支(かんし)の最初の年、すなわち甲子の年にあたっていた。「蒼天(そうてん)すでに死せり。黄天まさに立つべし。歳は甲子に在(あ)り。天下大吉」というスローガンを掲げた張角は、この年2月、目印として互いに黄色い頭巾を着用した30余万の信徒を率いて反乱を起こした。後漢政府が党人官僚への弾圧を中止して黄巾討伐に全力をあげたこと、張角が陣中において病死したことなどにより、反乱の主流は年内に平定されたが、その余党は10年以上にわたって各地に蜂起(ほうき)しては離合集散した。武力を伴った中央における政治抗争と、行政官や将軍たちの地方割拠と絡み合いながら、黄巾の余党の活動は後漢帝国の統一政府としての実質に重大な打撃を与えた。[多田狷介]
『木村正雄著『中国古代農民叛乱の研究』(1979・東京大学出版会) ▽福井重雅著『古代中国の反乱』(教育社歴史新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の黄巾の乱の言及

【漢】より

…かくして後漢王朝がもはや農民の保護者たり得なくなったときに,農民の不満が爆発した。それが黄巾の乱であった。
[党錮と黄巾の乱]
 後漢も和帝の時代を過ぎると早くも衰退の色が濃くなった。…

【太平道】より

…大方は1万余人,小方は6000~7000人を数えたこの組織を中心として,王朝末期の窮乏農民は,184年いっせいに蜂起した。すなわち〈黄巾(こうきん)の乱〉である。張角は天公将軍と称し,弟の地公将軍張宝,人公将軍張梁とともに反乱の指導者となった。…

※「黄巾の乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黄巾の乱の関連キーワード教学後漢上帝会ティーレ異教建安呉広吉川忠夫孫恩・盧循の乱《医師の宗教》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黄巾の乱の関連情報