コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垣内松三 カイトウマツゾウ

5件 の用語解説(垣内松三の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かいとう‐まつぞう〔‐まつザウ〕【垣内松三】

[1878~1952]国文学者・国語教育学者。岐阜の生まれ。国語・国文学の科学的研究を目ざし、欧米の学説を取り入れ、新たな解釈学と形象理論を唱えた。著「国語の力」「形象論序説」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

垣内松三 かいと-まつぞう

1878-1952 大正-昭和時代の国語教育学者,国文学者。
明治11年1月11日生まれ。大正13年東京高師教授となる。独自の形象理論と解釈学は国文学研究や国語教育におおきな影響をあたえた。昭和27年8月25日死去。74歳。岐阜県出身。東京帝大卒。旧姓は代情(よせ)。著作に「国語の力」「形象論序説」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

かいとうまつぞう【垣内松三】

1878‐1952(明治11‐昭和27)
国文学者,国語教育学者。岐阜県高山市生まれる。東京帝大文科大学を卒業後,東京帝大,東京高等師範,東京文理科大などの講師,教授を歴任した。国文学者であったが,その影響は国語教育の分野において著しい。彼は〈形象理論〉を唱え,読み(解釈)における形式的理解と内容的理解,文献学的解釈と文芸学的解釈の統一を試みようとした。この主張は当時の訓詁学的・修身教育的読み(解釈)という水準をはるかにひきあげ,国語教育の近代化を導くものとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かいとうまつぞう【垣内松三】

1878~1952) 国文学者・国語教育学者。岐阜県生まれ。東大卒。東京高師教授。日本の国語教育に初めて理論的体系を与えた。著「国語の力」「形象論序説」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

垣内松三
かいとうまつぞう
(1878―1952)

国文学者、国語教育学者。岐阜県高山の代情(よせ)家に生まれ、親戚(しんせき)の垣内雲麟(うんりん)の養子となる。東京帝国大学文科大学卒業後、東京女高師教授を経て東京高師教授となり、東京文理大講師も務めた。欧米の学説を参照しながら、旧来の国学者の説を検討し直し、国語・国文学研究法の開拓に力を注いだ。その主唱した解釈学、形象理論(言語表現を内容と形式の統一体とみる)は、国文学研究に限らず、国語教育にも広く影響を与えた。著書に『国語の力』(1922)、『国語教授の批判と内省』(1927)、『言語形象性を語る』(1940)などがある。[古田東朔]
『『垣内松三著作集』全九巻(1977・光村図書出版) ▽「特集・垣内松三先生」(『実践国語』所収・1952・穂波出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

垣内松三の関連キーワード岐阜県高山市春日町岐阜県高山市神田町岐阜県高山市桜町岐阜県高山市城山岐阜県高山市神明町岐阜県高山市千島町岐阜県高山市鉄砲町岐阜県高山市西町岐阜県高山市八軒町岐阜県高山市本町

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone