彩篋塚(読み)さいきょうづか(英語表記)Ch'ae hyǒp-ch'ong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

彩篋塚
さいきょうづか
Ch'ae hyǒp-ch'ong

北朝鮮平壌市南郊にある楽浪古墳群の一つで,木槨墳。 1931年発掘。木槨は2室あり横穴式で材木を井桁に積んである。後室には3つの漆塗り木棺を置き,前室には副葬品を置き壁画の跡を残す。出土品のうち最も貴重なものは,竹皮を細く削って編んだ身とふたから成る彩篋漆器である。長さ 40cmの箱だが,その四隅と身の立上がりには漆を厚く塗って,その上に人物坐像が描かれている。四隅の人物には「呉玉」「楚王の侍者」「美女」などの添書きがあり,立上がりには孝子伝を主題とした人物像が描かれている。塚の年代は鏡,貨泉などからみて,後漢時代のものと推定される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

彩篋塚【さいきょうづか】

朝鮮民主主義人民共和国,平壌の近郊にある漢代楽浪郡古墳の一つで,旧大同郡南井里第116号墳をいう。円形の盛土の下に横穴式の槨室が大小の主室と前室の3室あり,前室に副葬品,主室に3個の漆棺が置かれていた。副葬品は漆器が多いが,この古墳の名称となった彩画のある籃胎(らんたい)漆器の篋(長方形の箱)は漢代の中国絵画資料として重要。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいきょうづか【彩篋塚 Ch‘ehyŏp‐ch‘ong】

朝鮮民主主義人民共和国,平壌特別市楽浪区域にある楽浪古墳の一つで,旧大同郡南井里第116号墳をいう。いわゆる楽浪古墳群の中心地に当たる石巌里の,南方約600mを隔てた丘陵の北麓に立地し,高さ北面で6m,自然の段丘を利用した南面では2~3m,長さ南北20m,東西23mのほぼ方形の墳丘を形成する。1931年に行われた発掘調査の結果によると,古墳の内部は,ふつうの竪穴式とちがって,横穴式に羨道羨門をもつ特殊な木槨墓である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さいきょうづか【彩篋塚】

朝鮮民主主義人民共和国、ピョンヤン郊外にある楽浪郡時代の墳墓。二室からなる横穴式の木室墓で、三個の漆塗りの木棺を納める。副葬品として人物画像の漆絵のある彩篋が出土。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android