コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御下 オシタ

デジタル大辞泉の解説

お‐した【御下】

天皇が食べた食事の残り。おさがり。おろし。
昔、宮中に仕えた女房のうち、格式の最も下の者。下﨟(げろう)。
下男下女のこと。

お‐しも【御下】

下(しも)」の美化語大小便。また、便所。「病人のお下の世話をする」
宮中や貴人の家に仕えた女性。もと、内侍に次ぐ女官敬称

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おした【御下】

奉公人などに与えられる、客や主人の食事の残り物。おさがり。おろし。 「骨と皮は-に出て/歌舞伎・小袖曽我」
その支配下にあること。また、その人。 「万年亀太郎様と申す御代官あり。-の百姓山公事を取むすび/咄本・御前男」
地位や身分が低いこと。
平安時代、最下級の女房。
江戸時代、最下級の歌舞伎役者。

おしも【御下】

大小便や下半身を丁寧にいう語。 「 -の世話をする」
宮中や貴族に仕える女中。お末。
内侍ないしの次位の女官。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

御下の関連キーワードオンライン・リアルタイム・システムオペレーティング・システムウィーン道路交通条約申し受ける・申受けるハンセン病予防対策神宮徴古館 農業館核酸自動合成装置春駒(餅菓子)プラズマ物理学ジュネーブ条約様がましい経覚私要鈔老人ホーム御成敗式目猿屋町会所母子愛育会御引直衣高橋健三御下げ髪小袖曽我

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御下の関連情報