コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝餉 アサガレイ

4件 の用語解説(朝餉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あさ‐がれい〔‐がれひ〕【朝×餉】

天皇の日常の食事。儀式的な大床子(だいしょうじ)の御膳(おもの)に対していう。朝夕2回あった。朝餉の御膳(おもの)。
「―の気色ばかり触れさせ給ひて」〈・桐壺〉
朝餉の間(ま)」の略。

あさ‐げ【朝×餉/朝食】

《古くは「あさけ」》朝の食事。あさめし。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あさがれい【朝餉】

天皇の召し上がる朝の食事。儀式などの正式の食事ではなく、うちうちのもの。
「朝餉の間」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝餉
あさがれい

朝餉の御膳(おもの)、すなわち天皇が朝餉間で摂(と)る内々の食事の意で、『禁秘抄(きんぴしょう)』があげる天皇の御膳四種(大床子(だいしょうじ)御膳、朝餉御膳、只御膳(ただのおもの)、小供御(こくご))の一つであるが、また朝餉間のことをさす場合も多い。餉(かれい)とは諸説あるが、おそらく乾飯(かれいい)の義で、ときに朝干飯とも記される。時刻は朝夕2回とされるが、『寛平御遺誡(かんぴょうのごゆいかい)』の巳刻(みのこく)、申(さる)刻、『侍中(じちゅう)群要』の午(うま)一刻、酉(とり)一刻、『建武日中行事』の午刻、申刻など諸説一定しない。ここから朝餉の朝は朝廷の意とする説もあるがつまびらかでない。
 朝餉御膳は、内膳司(ないぜんし)や御厨子所(みずしどころ)が調進したものを女官が取り次ぎ、上(じょうろう)の女房が奉仕した。内容、種類は場合によって異なるが、詳細は『厨事類記(ちゅうじるいき)』にみえる。『禁秘抄』のころには朝夕二度を一度に供じ、しかも実際の着御はなかったようである。朝餉間は清涼殿西廂(にしびさし)の一区画で2間を占める。西廂には南から鬼間(おにのま)、台盤所(だいばんどころ)、大和絵(やまとえ)の障子を隔てて朝餉間、猫の絵の障子を隔てて御手水間(おちょうずのま)、御湯殿上と並び、朝餉間の東に接する母屋(もや)の第六、七間は夜御殿(よるのおとど)、西側は簀子(すのこ)を隔てて朝餉壺(つぼ)とよばれる中庭があった。室内には二階厨子、冠筥(かんむりばこ)、唾壺(だこ)、大床子などの調度が置かれ、食事以外にも、天皇のごく内々の使途にあてられた。[杉本一樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝餉の関連キーワード清涼殿非時大床床子大床子大床子の御物勅旨常の御所御県惣菜

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朝餉の関連情報