御勅使川(読み)みだいがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御勅使川
みだいがわ

山梨県西部を流れる釜無川の支流。全長 18km。甲府盆地西縁の巨摩山地にあるドノコヤ峠付近に源流をもち,北東流して盆地北西部で釜無川に流入する。急流で流量の変化が大きい荒れ川で,長年にわたり治水に力が注がれた。多量の土砂を運び,山麓に形成された広大な御勅使川扇状地では,モモ,ブドウなどの果樹栽培が盛ん。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御勅使川
みだいがわ

山梨県の甲府盆地の西方、巨摩(こま)山地から流下し、甲斐(かい)市で釜無(かまなし)川に注ぐ川。延長18キロメートル。2000メートル余りの高度差を流下する急流で侵食が激しく、流域面積が広いことから、峡谷部での水位変動も大きく、代表的な扇状地をもつと同時に、荒れ川として知られる。上流の夜叉神(やしゃじん)峠は南アルプス北部への入山路として知られるほかに桃ノ木温泉などでも知られ、古くは早川方面への通路であった。[吉村 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御勅使川の関連情報