コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御史台 ぎょしだい Yu-shi-tai; Yü-shih-t`ai

6件 の用語解説(御史台の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御史台
ぎょしだい
Yu-shi-tai; Yü-shih-t`ai

中国の官制。戦国時代の御史は王の側近の官であったが,のちに監察を司った。その長官である御史大夫は前漢では丞相太尉と並んで三公と呼ばれ,副丞相の地位にあった。官庁は御史大夫寺または御史府と呼ばれて,中央・地方官の監察糾弾にあたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぎょし‐だい【御史台】

中国の、御史大夫を長官とした官吏監察官庁。官僚の弾劾を取り扱った。後漢に成立し、代まで続き、では都察院とよばれた。
弾正台(だんじょうだい)唐名

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

御史台【ぎょしだい】

中国の官吏監察機関。戦国時代には君主の側に控える史官であったが,秦の始皇帝は官制を行政・軍事・監察に分け,監察の長官を御史大夫(たいふ)といった。前漢もほぼこれをうけたが,後漢で初めて御史台の名が用いられ,その長官を御史中丞といった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょしだい【御史台 Yù shǐ tái】

中国,戦国時代,御史は王に直属する書記官(史官)で,秦・前漢では皇帝に属する秘書官であった。長官は御史大夫で副丞相となり,政策の細目を立案し,御史丞が御史30人をひきい,御史大夫寺にあってこれを助けた。別に御史中丞が15人の侍御史をひきい,殿中蘭台にあって秘書を管理し,殿中で百官を監察し,武帝時代(在位,前140‐前87)に部刺史がおかれるとこれを統轄して監察官の性格が強くなった。後漢初,光武帝は官制改革を行って機構を簡素化し,皇帝の秘書官は武帝時代におこった尚書が担当し,御史大夫は三公の一つたる大司空となって御史中丞が残り,もっぱら監察の任に当たり,尚書令とともに少府に属した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぎょしだい【御史台】

弾正台だんじようだいの唐名。
中国で、後漢代からおかれた官吏監察機関。唐代に整備されたが、明代に廃され、代わって都察院がおかれた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御史台
ぎょしだい

旧中国の監察をつかさどる官庁で、今日の日本の検察庁に相当する。その権能は甚だ強大で多くの官吏にとって恐怖の的となった。秦(しん)・漢時代の御史大夫(たいふ)は三公(さんこう)の一人で行政の中枢に位置したが、後漢(ごかん)時代に官庁組織が整い、御史中丞(ちゅうじょう)を長官とする御史台が確立した。唐代には台院、殿院、察院の3部局を統(す)べ、それぞれに侍御史、殿中侍御史、監察御史が所属した。元代には地方に行御史台を設け、明(みん)初に御史台は廃されて都察院がその役割を引き継ぎ、清(しん)朝に及んだ。明・清の各省長官総督、巡撫(じゅんぶ)も御史の肩書を帯び、専制支配の耳目として御史は重視された。民国の孫文(そんぶん/スンウェン)の五権(立法、行政、司法、考試、監察)政体の一環をなす監察院も、御史台の伝統に連なるものである。日本の律令(りつりょう)制の弾正台(だんじょうだい)にあたる。[池田 温]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の御史台の言及

【御史大夫】より


[中国]
 官名。御史とは語源的には君主側近の書記であるが,漢代以降監察官の名となり,その役所を御史台といい,長官を御史大夫という。唐制では従三品。…

【元】より

… 漢地を基盤とする元朝の政治組織は,整備した中国的中央集権官制を採用して前代を一新した。中央に行政,軍政,監察を総括する中書省(正一品),枢密院(従一品),御史台(従一品)を設けて政府の中枢とし(以外に九寺五監の制度を変形した大宗正府,太常礼儀院,太僕寺,太府監,将作監,宣徽院,中政院など多数の内務府系統の官府があるが,すべて宮廷関係の庶務を執行するものであって統治には直接に関わらない),その直属下部機関を地方に分置して全国を覆う統治網とする。ただこの間モンゴル,ウイグル,チベット人を専管する大宗正府,都護府,宣政院が上記3衙門にほぼ匹敵する従一品・従二品の高級官府として中央に備わるのは,大型征服王朝としての元朝にいかにもふさわしい。…

【三司】より

…三公でないものが三公の礼遇をうけることを,位亜三司,班同三司,儀同三司などと称し,とくに重いものを開府儀同三司と称した。(2)唐代では司法に関する三つの衙門たる刑部,御史台,大理寺を三司と称した。刑部はいわば法務省で,大理寺は最高裁判所,御史台は最高検察庁である。…

【都察院】より

…中国,明・清時代の政務監察機関。後漢以来,監察司法の事に任ずる中央官庁として御史台があったが,1382年(洪武15)これを改めて都察院とし,左右都御史,左右副都御史,左右僉都御史,監察御史などの官を設けた。監察機関としては六部(行政),五軍都督府(軍事)と並んで三権分立の体制をとり,司法機関としては刑部,大理寺とともに三法司という。…

※「御史台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

御史台の関連キーワード暗行御史御史大夫御史書記官戦国范雎戦国七雄桜井能監《書記官》戦国時代(中国)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone