コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御池通 おいけどおり

2件 の用語解説(御池通の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御池通
おいけどおり

京都市の市街地中央部を東西に通じる広い街路。東は鴨川から西は天神川まで。長さ 4.7km。河原町通と堀川通との間は,第2次世界大戦末期の家屋疎開により拡張されたのを受けて,戦後幅 50mの大通りとして整備され,五条通とともに京都市街を東西に通じる幹線街路となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御池通
おいけどおり

京都市の鴨川(かもがわ)からJR山陰本線二条駅前まで、市街を東西に通ずる道路。御池通と河原町(かわらまち)通とが交差する地点には京都市役所、京都ホテルオークラがある。第二次世界大戦中の強制疎開によって戦後は幅員50メートルの幹線道路となり、祇園(ぎおん)祭、時代祭の行列も観光客のために御池通を通るようになった。市営地下鉄東西線が通り、烏丸(からすま)御池駅で市営地下鉄烏丸線と接続する。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御池通の関連キーワード五条通五条通り三条通り四条通り二条通り今出川通り北山通り七条通り中央大通り今宮通り

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御池通の関連情報