御福(読み)オフク

デジタル大辞泉の解説

お‐ふく【御福】

ふく(福)2」に同じ。
「多聞の―を、清水にて給はらうずる間」〈虎明狂・毘沙門〉
おたふく。おかめ。
「姫君はさて置きたとへ餅屋の―でも」〈浄・反魂香
文楽人形の首(かしら)の一。下女下級女郎の役に使う。

ご‐ふく【御福】

福(ふく)2」に同じ。
「鞍馬の大悲多聞天(だいひたもんてん)の―を主殿(しうどの)に参らせたりや」〈虎明狂・鞍馬参

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おふく【御福】

神仏から授かった品物や幸運。
お多福」に同じ。 「姫君は扨置きたとへ餅屋の-でも/浄瑠璃・反魂香」
文楽人形の首かしらの一。下女や端女郎に用いる。

ごふく【御福】

神仏から授かる福。普通、お供物のお下がりをいう。 「多聞天の-を主殿に参らせたりや/狂言記・福渡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐ふく【御福】

〘名〙 (「お」は接頭語)
① 神仏から授かる幸い。特に、毘沙門天(多聞天)から授かる
※虎寛本狂言・鞍馬参(室町末‐近世初)「あら有難や。多聞天より、お福を被下(くだされ)た」
※俳諧・鷹筑波(1638)二「御福かや鞍馬の山のかぎわらび〈信相〉」
おたふくおかめ。また、女性をいやしめていう語。
※俳諧・雑巾(1681)独吟「真榊のみどりの頭巾紙小人 おふくの面の雪の香来(かぐ)山〈常矩〉」
④ (おたふくに似ているところから) 人形浄瑠璃で、下女や端女郎(はしじょろう)の役に使われる人形のかしら。〔楽屋図会拾遺(1802)〕
⑤ 「ねずみ(鼠)」の異名。〔物類称呼(1775)〕

ご‐ふく【御福】

〘名〙 (「ご」は接頭語) 神仏から授かる幸い。多く、その供物のおさがりをいう。おふく。
※虎明本狂言・鞍馬参(室町末‐近世初)「ごふくはこなたにおさまってござる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御福の関連情報