コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御福 オフク

デジタル大辞泉の解説

お‐ふく【御福】

ふく(福)2」に同じ。
「多聞の―を、清水にて給はらうずる間」〈虎明狂・毘沙門〉
おたふく。おかめ。
「姫君はさて置きたとへ餅屋の―でも」〈浄・反魂香
文楽人形の首(かしら)の一。下女下級女郎の役に使う。

ご‐ふく【御福】

福(ふく)2」に同じ。
「鞍馬の大悲多聞天(だいひたもんてん)の―を主殿(しうどの)に参らせたりや」〈虎明狂・鞍馬参〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おふく【御福】

神仏から授かった品物や幸運。
お多福 」に同じ。 「姫君は扨置きたとへ餅屋の-でも/浄瑠璃・反魂香」
文楽人形の首かしらの一。下女や端女郎に用いる。

ごふく【御福】

神仏から授かる福。普通、お供物のお下がりをいう。 「多聞天の-を主殿に参らせたりや/狂言記・福渡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御福の関連キーワードおたふく端女郎おかめ福分け毘沙門御福餅お多福浄瑠璃姫君餅屋多聞

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御福の関連情報