コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御福 オフク

デジタル大辞泉の解説

お‐ふく【御福】

ふく(福)2」に同じ。
「多聞の―を、清水にて給はらうずる間」〈虎明狂・毘沙門〉
おたふく。おかめ。
「姫君はさて置きたとへ餅屋の―でも」〈浄・反魂香
文楽人形の首(かしら)の一。下女下級女郎の役に使う。

ご‐ふく【御福】

福(ふく)2」に同じ。
「鞍馬の大悲多聞天(だいひたもんてん)の―を主殿(しうどの)に参らせたりや」〈虎明狂・鞍馬参〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おふく【御福】

神仏から授かった品物や幸運。
お多福 」に同じ。 「姫君は扨置きたとへ餅屋の-でも/浄瑠璃・反魂香」
文楽人形の首かしらの一。下女や端女郎に用いる。

ごふく【御福】

神仏から授かる福。普通、お供物のお下がりをいう。 「多聞天の-を主殿に参らせたりや/狂言記・福渡」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

御福の関連キーワードおたふく端女郎おかめ福分け毘沙門御福餅お多福浄瑠璃姫君餅屋多聞

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御福の関連情報