コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応用地理学 おうようちりがく applied geography

3件 の用語解説(応用地理学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

応用地理学
おうようちりがく
applied geography

地理学的研究での応用分野の総称。応用的研究とは,公私利用者の要請に応じ,あるいは研究成果が実社会で活用されることを期待するものをさす。土地利用計画地域計画都市計画農村計画,公害防止,観光開発市町村合併など地理学の応用範囲は広い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おうようちりがく【応用地理学 applied geography】

地理学の知識と技術または理論と方法を,さまざまな社会経済的な諸問題の解決に応用しようとする学問の総称。各系統地理学における理論と方法の分野別応用をはかる部門,たとえば応用地形学,応用経済地理学などと,地域開発や都市計画,あるいは地域情報の収集と解析など,いわば地誌的知識と地図的技術の総合的応用部門とに二分され,狭義の応用地理学は後者をさす。行政的実務や工学的技術の観点から進められる地域開発,都市計画に対して,地域の自然および社会環境の総合的把握を基礎とした評価,批判を行い,整合性のある計画を提言する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

応用地理学
おうようちりがく
applied geography

地理学の一分科。地理学の応用的分野が成長して独立したもので、理論的研究を目標とする地理学に対し、社会の改善や環境の適正な利用などに、地理学的な見解を樹立することを目的としている。地理は人類の歴史の初期から、衣食住、交通などの必要にこたえ、古代より戸口(ここう)・産物の調査、地図作製、土地開発などが始まって、民生の充実や統治などに役だってきた。近代地理学の発達に伴って、地理学の思考と方法は広く各方面に応用されるようになった。応用地理学が独立したのは第二次世界大戦後で、研究分野は産業立地、資源開発、環境整備、都市計画、交通計画、人口問題、食糧問題、地域開発など多岐にわたるほか、災害防止、行政区画、国境問題、海洋の利用などについても役だっている。
 公的事業においてはもとより私企業においても、商圏調査などは、事業所の立地を決める重要な資料となっている。地理学が提供する情報は、地域的変化を詳しく示すのみでなく、総合的観察を行って初めて正しい科学的判断に近づくことができる。とくに応用地理学は国土計画に主要な役割を演じている。なかでも1930年代には、アメリカでTVAの総合地域開発が始められ、スタンプ(イギリス)による土地利用調査、ルール地方の空間(地域)整備、ソ連の地域計画などに成果をあげた。わが国においても、土地利用、水資源、災害予防の基礎調査や、中央および地方の開発計画に応用地理学者が活躍している。[木内信藏]
『朝倉地理学講座編集委員会編『応用地理学』(1969・朝倉書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

応用地理学の関連キーワード経済地理学計量地理学古地理学数理論理学インダストリアルエンジニアリングビリングチオ簿記学大学技術マネージャー協会《土壌学原論と土壌地理学》理論地理学

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone