急進社会党[フランス](読み)きゅうしんしゃかいとう[フランス](英語表記)Parti radical et radical-socialiste

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

急進社会党[フランス]
きゅうしんしゃかいとう[フランス]
Parti radical et radical-socialiste

1901年に成立したフランスの政党。 1875年に結成された急進党と,93年に結成された急進社会党を G.クレマンソーの主導により統一した政党で,その基盤は小市民階級,中小農民,小商人などであり,典型的な小市民階級政党である。その政治主張は,社会主義的ではないが,しばしば統一社会党などとともに左翼戦線を形成している。第1次世界大戦後のカルテル・デ・ゴーシュ (左翼連合) の成立や,人民戦線への参加など,第1次世界大戦から第2次世界大戦の間に政界に及ぼした影響は大きい。しかし,第2次世界大戦直前に,ナチスと妥協したり,戦後は大きく保守化するなど左右に動揺を示し,第五共和政以後は,弱小政党となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android