コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青竜寺 セイリュウジ

4件 の用語解説(青竜寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいりゅう‐じ【青竜寺】

比叡山延暦寺西塔黒谷にある天台宗の寺。
中国、代の首都長安(陝西省西安)にあった寺。582年、文帝が霊感寺として創建、711年に青竜寺と改称。入唐した空海恵果から密教を伝授された寺。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

青竜(しょうりゅう)寺

高知県土佐市にある寺院。815年創建。宗派は真言宗豊山派、本尊は波切不動明王。四国八十八ヶ所霊場第36番札所。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せいりゅうじ【青竜寺 Qīng lóng sì】

中国,唐の都長安の東部,新昌坊にあった仏寺。現在,西安市街の東南約5kmの炉廟村にその遺跡があり,1973年に仏塔や仏殿の跡が発掘された。隋代の創建で初めは霊感寺といったが,唐の景雲2年(711)に青竜寺と改名。空海(弘法大師)は804年(貞元20)中国に留学し,この寺で恵果(けいか)阿闍梨から密教を授けられ,その後,円仁(慈覚大師),円珍(智証大師)らもここに滞在したことがあって,日中文化交流史上とくに記念すべき寺である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいりゅうじ【青竜寺】

中国陝西省西安府にある寺。隋の文帝の創建で霊感寺と称したが、711年改名。空海はこの寺で恵果に師事して灌頂を受けた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の青竜寺の言及

【土佐[市]】より

…高岡の北,清滝山中腹に四国八十八ヵ所第35番札所の清滝寺があり,高岡の西方には,戦国期土佐七守護の一人に数えられた大平氏の拠った蓮池城跡がある。横浪半島先端部にある青竜(しようりゆう)寺は八十八ヵ所第36番札所である。市域中央を東西に国道56号線が通じ,浦ノ内湾口に架かる宇佐大橋は横浪半島を縦断する横浪黒潮ラインの東の入口である。…

【恵果】より

…姓は馬。長安の青竜寺に住して,唐代密教を集大成し,代宗,徳宗,順宗3朝の帰依をうけて国師となる。伝記,思想ともに早く資料を逸するが,空海が入唐中に記す《大唐青竜寺故三朝国師碑》によって,青竜寺跡も最近ようやく発掘調査がすすんでいる。…

※「青竜寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

青竜寺の関連キーワード焉耆慈恩寺上林苑大秦寺麒麟閣埴安の池北落師門内藤藤十郎宇文愷大秦景教流行中国碑

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青竜寺の関連情報