コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恵那山 えなさん

8件 の用語解説(恵那山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恵那山
えなさん

岐阜県中津川市と長野県阿智村の境にある山。標高 2190m。美濃地方最高峰で,広く眺望のきく名山。山体の大部分は中生代末に噴出した流紋岩から成り,一部古生層,角閃黒雲母花崗岩から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えな‐さん〔ゑな‐〕【恵那山】

長野・岐阜県境、木曽山脈にある山。標高2191メートル。北方を貫通する中央自動車道恵那山トンネルは昭和50年(1975)に完成(長さは上り線8649メートル、下り線8489メートル)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

恵那山【えなさん】

長野・岐阜県境,木曾山脈の南部に位置する山。標高2191m。おもに花コウ岩類からなり,山頂付近に石英斑岩が顕出。美濃地方第1の高山で,中世末より山岳宗教の性格をもった信仰があったとされる。
→関連項目木曾山脈中津川[市]日本百名山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

えなさん【恵那山】

岐阜の日本酒。酒名は、「恵那山から吹き下ろす風と、恵那山の伏流水とで醸す酒」の意で命名。味わいは辛口。吟醸酒、純米酒、本醸造酒などをラインナップ。原料米は山田錦、五百万石、ひだほまれなど。仕込み水は恵那山の伏流水。蔵元の「はざま酒造」は慶長6年(1601)創業。所在地中津川市本町。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えなさん【恵那山】

木曾山脈最南端に位置し,岐阜県中津川市長野県下伊那郡阿智村の境にそびえる山。標高2189m。富士見台など1600~1800mの恵那山地の主峰をなす。全山が中生代白亜紀噴出の濃飛流紋岩からなり,崩れやすい地質であるために中津川市街地をはじめ全域にわたって山崩れが多発している。北東方の神坂(みさか)峠の下を中央自動車道恵那山トンネルが通じる。山頂一帯は胞山(えなさん)県立公園に含まれ,眺望がよい。【森山 昭雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えなさん【恵那山】

岐阜県南東部、長野県境にある山。海抜2191メートル。北部を中央自動車道の恵那山トンネル(全長8649メートル)が貫通している。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県〕恵那山(えなさん)


岐阜県中津川(なかつがわ)市の南東、長野県境にそびえる山。木曽(きそ)山脈の最南端に位置する。標高2191m。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。山頂に恵那神社(奥宮)が鎮座し、かつては「恵那講」の信仰登山が盛んだった。暖帯・温帯の植物分布境界にあたり、植物種が豊富。山腹は国有林を含む森林地帯がおおう。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恵那山
えなさん

岐阜県中津川市の市街地南東方、長野県下伊那(しもいな)郡阿智(あち)村との境にそびえ、美濃(みの)第一の高山。標高2191メートル。胞山(えなさん)県立自然公園の中心。山頂まで樹木がよく茂り、国有林が広い。また、途中にサラサドウダンの群落がある。登山道から御嶽(おんたけ)山や日本アルプスなどが展望される。神坂(みさか)峠、広河原、黒井沢、前宮の四つの入山口があるが、バス便がないので、タクシーか自家用車での登山となる。2001年(平成13)にできた急坂の最短ルートとなる広河原コースで山頂まで約3時間半の道のり。なお、山頂付近に恵那神社本社、西麓(せいろく)に恵那文楽(ぶんらく)(人形浄瑠璃(じょうるり))で知られる恵那神社(里宮)がある。また北方、富士見台のほぼ直下を中央自動車道の恵那山トンネル(全長8489メートル)が通じている。トンネルは中津川市神坂と長野県阿智村を結ぶもので、多くの断層、破砕帯に遭遇した難工事で、8年の歳月を費やして1975年(昭和50)完成した。[上島正徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の恵那山の言及

【木曾山脈】より

…飛驒山脈(北アルプス)と赤石山脈(南アルプス)の中間的位置にあることから,中央アルプスとも呼ばれる。西方の木曾谷と東方の伊那谷(伊那盆地)にはさまれた地塁山脈(両側を断層崖で限られた断層山脈)で,塩尻市付近から北北東~南南西の方向に恵那山(2190m)付近まで約90kmにわたって連なっている。山頂面と木曾・伊那両谷の谷床面との比高は,最高2000m余に達しているが,山脈の幅は広いところでも20km以下である。…

※「恵那山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

恵那山の関連キーワード岐阜県中津川市上野岐阜県中津川市落合岐阜県中津川市川上岐阜県中津川市坂下岐阜県中津川市瀬戸岐阜県中津川市苗木岐阜県中津川市中津川岐阜県中津川市福岡岐阜県中津川市本町岐阜県中津川市山口

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

恵那山の関連情報