コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惟宗允亮 これむねまさすけ

6件 の用語解説(惟宗允亮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

惟宗允亮
これむねまさすけ

平安時代中期の明法博士。長徳4 (998) 年令宗 (よしむね) を与えられた。従四位下。当代随一の学者といわれ,著書に『宗阿記』『政事要略』がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

惟宗允亮 これむねの-まさすけ

これむねの-ただすけ

惟宗允亮 これむねの-ただすけ

?-? 平安時代中期の官吏。
惟宗公方(きんかた)の孫。明法(みょうぼう)博士,勘解由(かげゆ)次官などを歴任し,しばしば法制上の意見を上申。弟允正(ただまさ)とともに明法界で「天下之一物(いちのもの)」といわれる。長徳4年(998)ごろ令宗朝臣(よしむねのあそん)の氏姓をあたえられた。名は「まさすけ」ともよむ。著作に「政事要略」「類聚(るいじゅう)判集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

惟宗允亮

生年:生没年不詳
「ただすけ」とも。一条天皇時代(986~1011)の代表的な明法家。明法博士公方の子(孫とも)と伝えられる。『二中歴』では,弟允正(異説あり)と共に10大明法家のひとりに数えられ,長徳(995~999)末年ごろ,令宗朝臣に改賜姓された。令宗には「律令の宗師」との意味がこめられており,法律の生き字引として「天下の一物」(『続本朝往生伝』)とか「法意の達者」(『平戸記』)と称揚された。著書に法制書『政事要略』のほか,『類聚判集』『類聚律令刑名問答私記』,日記『宗河記』(逸文)などがあり,特に『政事要略』(一部現存)は,「この書に過ぎる才学無し」とまで評されたが,この書を除きほとんど散逸。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

これむねのただすけ【惟宗允亮】

平安中期の明法家(律令学者)。生年不詳,1008,09年(寛弘5,6)ころ没。姓は惟宗朝臣。明法博士直本(なおもと)の曾孫,同公方(きんかた)の孫。家学の明法道を学び,明法得業生から出身して,勘解由次官,検非違使左衛門佐,明法博士,大判事などを歴任し,999年(長保1)に曾祖父直本の先蹤を襲って私第において令を講じた。このころ弟と推定される允政(允正)(ただまさ)とともに姓を令宗(よしむね)朝臣と改められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

惟宗允亮
これむねのまさすけ

生没年不詳。平安中期の官人で明法家(みょうぼうか)。「すけあき」とも読まれ、公方(きんかた)の孫。直本(なおもと)の曽孫(そうそん)。984年(永観2)ころ明法博士(はかせ)となり、以後、勘解由使次官(かげゆしのすけ)、左衛門権佐(さえもんのごんのすけ)、検非違使佐(けびいしのすけ)などを歴任。998年(長徳4)令宗(よしむね)姓を賜り、1006年(寛弘3)従(じゅ)四位下に進んだ。この間、宇佐神人(うさじにん)との争いをめぐる大宰大弐(だざいのだいに)藤原佐理(すけまさ)の停任や、藤原伊周(これちか)・隆家兄弟の謀反糾弾に活躍した。その識見は当代第一の大学者とたたえられている。著書『政事要略』(『国史大系』所収)、『類聚(るいじゅう)判集』『類聚律令(りつりょう)刑官問答私記』や日記『宗阿記』などは当時の法律家に重用された。[谷口 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の惟宗允亮の言及

【政事要略】より

…平安時代の政務,法制に関する書。平安中期の代表的明法学者惟宗允亮(これむねのただすけ)の撰。1002年(長保4)ころ成る。…

※「惟宗允亮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

惟宗允亮の関連キーワード永祚多忠亮末次忠助辻格亮藤原元子藤原忠季藤原繁子松平忠翼森忠賛令宗允亮

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone