コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惟宗允亮 これむねまさすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

惟宗允亮
これむねまさすけ

平安時代中期の明法博士長徳4 (998) 年令宗 (よしむね) を与えられた。従四位下。当代随一の学者といわれ,著書に『宗阿記』『政事要略』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

惟宗允亮 これむねの-まさすけ

これむねの-ただすけ

惟宗允亮 これむねの-ただすけ

?-? 平安時代中期の官吏。
惟宗公方(きんかた)の孫。明法(みょうぼう)博士,勘解由(かげゆ)次官などを歴任し,しばしば法制上の意見を上申。弟允正(ただまさ)とともに明法界で「天下之一物(いちのもの)」といわれる。長徳4年(998)ごろ令宗朝臣(よしむねのあそん)の氏姓をあたえられた。名は「まさすけ」ともよむ。著作に「政事要略」「類聚(るいじゅう)判集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

惟宗允亮

生年:生没年不詳
「ただすけ」とも。一条天皇時代(986~1011)の代表的な明法家。明法博士公方の子(孫とも)と伝えられる。『二中歴』では,弟允正(異説あり)と共に10大明法家のひとりに数えられ,長徳(995~999)末年ごろ,令宗朝臣に改賜姓された。令宗には「律令の宗師」との意味がこめられており,法律の生き字引として「天下の一物」(『続本朝往生伝』)とか「法意の達者」(『平戸記』)と称揚された。著書に法制書『政事要略』のほか,『類聚判集』『類聚律令刑名問答私記』,日記『宗河記』(逸文)などがあり,特に『政事要略』(一部現存)は,「この書に過ぎる才学無し」とまで評されたが,この書を除きほとんど散逸。

(瀧浪貞子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

これむねのただすけ【惟宗允亮】

平安中期の明法家(律令学者)。生年不詳,1008,09年(寛弘5,6)ころ没。姓は惟宗朝臣。明法博士直本(なおもと)の曾孫,同公方(きんかた)の孫。家学の明法道を学び,明法得業生から出身して,勘解由次官,検非違使左衛門佐,明法博士,大判事などを歴任し,999年(長保1)に曾祖父直本の先蹤を襲って私第において令を講じた。このころ弟と推定される允政(允正)(ただまさ)とともに姓を令宗(よしむね)朝臣と改められた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

惟宗允亮
これむねのまさすけ

生没年不詳。平安中期の官人で明法家(みょうぼうか)。「すけあき」とも読まれ、公方(きんかた)の孫。直本(なおもと)の曽孫(そうそん)。984年(永観2)ころ明法博士(はかせ)となり、以後、勘解由使次官(かげゆしのすけ)、左衛門権佐(さえもんのごんのすけ)、検非違使佐(けびいしのすけ)などを歴任。998年(長徳4)令宗(よしむね)姓を賜り、1006年(寛弘3)従(じゅ)四位下に進んだ。この間、宇佐神人(うさじにん)との争いをめぐる大宰大弐(だざいのだいに)藤原佐理(すけまさ)の停任や、藤原伊周(これちか)・隆家兄弟の謀反糾弾に活躍した。その識見は当代第一の大学者とたたえられている。著書『政事要略』(『国史大系』所収)、『類聚(るいじゅう)判集』『類聚律令(りつりょう)刑官問答私記』や日記『宗阿記』などは当時の法律家に重用された。[谷口 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の惟宗允亮の言及

【政事要略】より

…平安時代の政務,法制に関する書。平安中期の代表的明法学者惟宗允亮(これむねのただすけ)の撰。1002年(長保4)ころ成る。…

※「惟宗允亮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

惟宗允亮の関連キーワード惟宗公方宍人永継令宗道成菅原有真令宗允亮谷口

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android