感精伝説(読み)かんせいでんせつ

世界大百科事典 第2版の解説

かんせいでんせつ【感精伝説】

天体その他の自然物に触れることによって女性が妊娠するという形式の伝説で,王朝始祖や伝説的な英雄の生誕譚として伝えられることが多い。世界的には主として古代文明地域とその影響圏に分布している。妊娠のきっかけとなるできごとには,日光に照らされる,水浴による,風に吹かれる,果実や魚をのみ込む,などさまざまであり,なかには魚をのみ込むモティーフインドからヨーロッパにかけての地域に多いように,特定の地域に特徴的なものもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android