コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感精伝説 かんせいでんせつ

世界大百科事典 第2版の解説

かんせいでんせつ【感精伝説】

天体その他の自然物に触れることによって女性が妊娠するという形式の伝説で,王朝始祖や伝説的な英雄の生誕譚として伝えられることが多い。世界的には主として古代文明地域とその影響圏に分布している。妊娠のきっかけとなるできごとには,日光に照らされる,水浴による,風に吹かれる,果実や魚をのみ込む,などさまざまであり,なかには魚をのみ込むモティーフがインドからヨーロッパにかけての地域に多いように,特定の地域に特徴的なものもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android