憲法十七条(読み)ケンポウジュウシチジョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

けんぽう‐じゅうしちじょう ケンパフジフシチデウ【憲法十七条】

推古天皇一二年(六〇四)、聖徳太子が制定したわが国最初の成文法。官吏、貴族の守るべき道徳的な訓戒を一七か条に漢文で書いたもの。十七条憲法。
神皇正統記(1339‐43)中「十七年己巳に憲法十七ケ条をつくりて奏し給」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の憲法十七条の言及

【十七条憲法】より

…7世紀初めに聖徳太子が作ったと伝える法制で,日本最初の成文法とされる。《日本書紀》推古12年(604)4月戊辰条には,〈皇太子親(みずか)ら肇(はじ)めて憲法十七条を作る〉として,以下に17ヵ条から成る長文の条例の文章を掲げており,これがふつう十七条憲法と呼ばれている。その内容は法制とはいっても近代の憲法や法律規定とはやや異なり,むしろ一般的な訓戒を述べたもので,当時の朝廷に仕える諸氏族の人々に対して,守るべき態度・行為の規範を示した官人服務規定ともいうべきものである。…

※「憲法十七条」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

憲法十七条の関連情報