コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

我孫子[市] あびこ

百科事典マイペディアの解説

我孫子[市]【あびこ】

千葉県北西部の市。1970年市制。利根川手賀沼の間の低地台地を占め,主集落は陸前浜街道宿駅として発達した。近世には,東端布佐銚子から運ばれる鮮魚の市場として繁栄した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あびこ【我孫子[市]】

千葉県北西部,利根川と手賀沼にはさまれた両総台地の北端にある住宅都市。1970年市制。人口12万4257(1995)。近世,利根川の河港であった東端の布佐は銚子から生魚を運んで開く魚市場でもあった。また同じく河港であった我孫子は水戸街道の宿場町として栄えた。明治末に国鉄常磐線と成田線が開通して,河港は衰えた。市域は野菜や花を栽培する近郊農業地であり,東京へ野菜の行商にでる農家の主婦が多かった。近年は常磐線や地下鉄千代田線で東京への便がよくなり,台地上の住宅地造成がさかんで,人口が急増している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

我孫子[市]の関連キーワード黒人問題鉄鋼業アラバール多国籍企業野村芳太郎フー[各個指定]芸能部門アモン・デュールアルトマン(Robert Altman)イエメン共和国

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

我孫子[市]の関連情報