コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拓殖会社 たくしょくかいしゃ colonization company

3件 の用語解説(拓殖会社の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

拓殖会社
たくしょくかいしゃ
colonization company

開拓および植民を事業とする会社。拓殖事業を営む会社は,特別の法令により特殊会社として設立される。日本では第2次世界大戦前に旧植民地で拓殖事業を行う半官半民国策会社が数多く設立された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たくしょくかいしゃ【拓殖会社】

日本の国内,海外で植民および開拓事業を営む会社。その大半が植民地での移民,開拓を目的に設立され,多くは法令にもとづく半官半民の国策会社であった。最も古い拓殖会社は,日露戦争後に設立された南満州鉄道株式会社(満鉄,1906)と東洋拓殖株式会社(東拓,1908)である。満鉄は交通・鉱工業を軸に,日本の満州(中国東北)経営に重要な役割を担い,東拓は朝鮮での植民地支配を目的に設立された。満州事変以降,日本の占領地域が満州,中国本土に拡大するに伴い,拓殖会社も増加した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

拓殖会社
たくしょくがいしゃ

国内、植民地および外国において拓殖(開拓および植民)事業を営む半官半民の国策会社のこと。第二次世界大戦までの日本でもっとも古いのは、日露戦争後の1906年(明治39)に設立された南満州鉄道株式会社(満鉄)である。資本金2億円、日本の満州経営の中枢機関であった。朝鮮の拓殖事業を営む目的で1908年に設立された東洋拓殖株式会社(東拓)は資本金1000万円、業務内容は金融・産米増殖・水利・綿作・森林伐採など多岐にわたり、とくにその直営拓殖事業は田3万5333町歩、畑1万4506町歩、小作人は7万9000余人に及んだという。東拓の営業区域は1917年(大正6)からは関東州、満蒙(まんもう)、華北、南洋にまで広げられた。さらに1936年(昭和11)には、朝鮮人農民の満州移住を目的として鮮満拓殖株式会社(資本金2000万円)と満鮮拓殖株式会社(資本金1500万円)が設立された。ともに表裏一体ともいうべき半官半民の特殊会社で、満鉄および東拓の子会社であった。しかも同年、台湾には台湾拓殖株式会社(資本金3000万円)、南洋には南洋拓殖株式会社(資本金2000万円)が設立され、同じく特殊会社であった。日中戦争時の1938年には、北支那(しな)開発株式会社(資本金3億5000万円)、中支那振興株式会社(資本金1億円)が設立された。敗戦の結果、これらの拓殖会社はすべて自然消滅した。[加藤幸三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拓殖会社の関連キーワード樺太開拓使ケプロン保険会社事業会社JARTSクールジャパン事業相互化日本の台湾統治須田官蔵(初代)難民および無国籍者の地位に関する国連全権会議

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone