コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拓跋氏 たくばつしTuo-ba-shi; To-pa-shih

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

拓跋氏
たくばつし
Tuo-ba-shi; To-pa-shih

中国東北の 洮兒河上流域から興り,華北に入って北魏を建てた鮮卑の一氏族。2世紀後半頃から勢力をもちはじめ,部族連合の中核的氏族としての地位を確保した。その頃陰山の南に移住し,拓跋力微 (りきび) はさらに南下して盛楽 (内モンゴル) に都をおき,遊牧民の諸氏族を統合して多数の兵力をもつにいたった。力微ののち拓跋猗廬 (いろ) は晋を助けて匈奴と戦った功により代公に封じられ,山西北部を領し,やがて代王となった。 338年拓跋什翼 犍 (じゅうよくけん) が建国と建元して独立した。建国 39 (376) 年前秦の苻堅に破られ,一時壊滅に瀕した。しかし前秦が淝水 (ひすい) の戦いで敗れると,拓跋珪 (→道武帝) は旧部民を糾合して魏王と称し,皇始1 (396) 年にはさらに皇帝と称した。彼によって北魏王朝の基礎がつくられた。のち孝文帝は拓跋の姓を中国風に元と改めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

拓跋氏【たくばつし】

鮮卑(せんぴ)の一氏族,北魏()を建国した帝室の姓。その故地は大興安嶺北部甘河上流(黒竜江省)であったことが近年判明している。2世紀後半から鮮卑の最強氏族となり,4世紀初め中国の北辺に進出。
→関連項目魏晋南北朝時代柔然西夏

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たくばつし【拓跋氏 Tuò bá shì】

鮮卑族の一部族で,中国北王朝を建設した。拓とは鮮卑語で土を意味し,跋は君王の意というが,つまびらかでない。拓抜,托抜,託抜などとも書く。その故地は大興安嶺北部甘河上流(黒竜江省)であったことが最近の調査で判明した。同地方よりモンゴル高原西遷,塞北を制覇して部族連合国家代国を建設,4世紀末北魏を建てた。のち孝文帝の漢化政策により北魏帝室は拓跋姓を元氏と改めた。後世元氏を称する者には,その子孫が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

拓跋氏
たくばつし

北アジアの遊牧民、鮮卑(せんぴ)種中の一部族。3世紀なかば拓跋力微(りきび)のとき史書に姿を現し、盛楽(中国、内モンゴル自治区)に根拠を置いた。晋(しん)は永嘉(えいか)の乱に苦しむと、その援助を期待して拓跋猗盧(いろ)を310年、代公に封じて山西省北部の地を与え、315年には代王に封じた。代国はのち年号をたてて晋の冊封(さくほう)下より離れ一時国威を伸ばしたが、376年前秦(ぜんしん)に敗れていったん滅び、386年拓跋珪(けい)のもとで北魏(ほくぎ)王朝として復興した。その原住地は大興安嶺(だいこうあんれい)であったと考えられ、そこからは、北魏の太武帝が使者を派遣して祀(まつ)った鮮卑族の祖廟(そびょう)の石室が1980年に発見されている。なお、5世紀末の孝文帝の一連の改革の一環として、拓跋氏は元(げん)氏と改姓された。[窪添慶文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の拓跋氏の言及

【モンゴリア】より

…このうち鮮卑は3世紀前半に分裂し,有力な部族が各地に割拠した。なかでも拓跋氏(たくばつし)はその本拠地を内モンゴルからしだいに長城内にうつし,のちに北魏を建て,中国北部を支配した。4世紀後半南下した鮮卑のあとをうけてモンゴリアを支配したのは柔然(じゆうぜん)である。…

※「拓跋氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

拓跋氏の関連キーワード黒竜江[省]タングート拓跋珪宇文氏禿髪氏

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android