コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教皇のバビロン捕囚 きょうこうのバビロンほしゅうBabylonian Captivity of the Avignon Popes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教皇のバビロン捕囚
きょうこうのバビロンほしゅう
Babylonian Captivity of the Avignon Popes

1309~77年ローマ教皇座が南フランス,アビニョンにおかれたことをさす。 13世紀末,教皇ボニファチウス8世はフランス王フィリップ4世と争い,1303年武力により監禁された。その死後,教会内のフランス勢力が優位になり,ボルドー大司教ベルトランが選ばれて教皇クレメンス5世となり,1309年以降南フランス,ローヌ河畔アビニョンに教皇座を移した。あとに続く6教皇はフランス人で,1309~77年の約 70年間アビニョン宮にあり,世人はヘブライ人のバビロン捕囚にたとえて,教皇の「バビロン捕囚」または「アビニョン捕囚」と呼んだ。これらの教皇は,アビニョン教皇ともいわれる。教皇の不在により,教皇領の荒廃と聖職叙任の腐敗とを招き,ローマ帰還の要求が高まり,7代グレゴリウス 11世がローマに帰還した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の教皇のバビロン捕囚の言及

【アビニョン捕囚】より

…ローマ教皇庁が1309年から77年まで,南フランスのアビニョンにおかれた事件。ボニファティウス8世の後に教皇となったベネディクトゥス11世はアナーニ事件の事後処理に努めたが,在任9ヵ月で急死した。その後任教皇の選挙は枢機卿たちの対立で1年を空費した。ボルドー大司教から教皇に選ばれたクレメンス5世はローマを嫌い,1309年ローヌ川に臨むプロバンスの町アビニョンに教皇庁を置いたが,これは以後77年まで7代約70年間続いた。…

【キリスト教】より

…その後クレメンス5世はアビニョンに移り(1309),その地でフランス国王に支えられて教皇庁を統率せざるをえなくなり,この劇的な変動によって教皇至上権の夢は破れた。つづく6代の教皇はみなフランス人で,70年におよぶ〈教皇のバビロン捕囚〉となったのである。以後各国の司教は総司教を通じて国王の統治に服し,時には教皇にそむいても国に忠誠をつくすようになった。…

※「教皇のバビロン捕囚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

教皇のバビロン捕囚の関連キーワードクレメンス[5世]グレゴリウス11世アビニョン教皇庁ウルバヌス6世クレメンス6世バチカン市国教皇領国家

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android