コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文保の和談 ぶんぽうのわだん

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんぽうのわだん【文保の和談】

鎌倉後期,持明院統大覚寺統との皇位をめぐる抗争を拾収するために,幕府が介入して行った協議。幕府は,皇位をめぐる両統の抗争にまきこまれるのを回避するため,1317年(文保1)使者を上京させて,皇位継承のルールを両統の協議によって定めることを促した。しかし,両統による協議が難航したため,幕府は,(1)持明院統の花園天皇から大覚寺統の尊治親王(後醍醐天皇)への譲位,(2)在位年数を10年とした両統迭立,(3)皇太子を大覚寺統の邦良親王とし,その次を持明院統の量仁親王とする,の3点を提案したが,第3点が大覚寺統が2代つづく点で第2点の両統迭立の原則に背くことから持明院統側が難色を示し,結局,皇位継承に関する明確なルールは画定されないままに終わった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文保の和談
ぶんぽうのわだん

両統迭立」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文保の和談
ぶんぽうのわだん

鎌倉末期に行われた後深草(ごふかくさ)天皇系持明院(じみょういん)・亀山(かめやま)天皇系大覚寺(だいかくじ)両統による皇位継承についての協議。両統の争いは鎌倉中期以降続いていたが、早くから両統迭立(てつりつ)の方針を示していた幕府の斡旋(あっせん)で、1317年(文保1)4月以降、両統代表の持明院統伏見(ふしみ)上皇と大覚寺統後宇多(ごうだ)法皇との間で協議が行われた。この和談では、
(1)次は皇太子尊治(たかはる)親王(大覚寺統)が即位する、
(2)在位期間は10年とし、両統交替する、
(3)次の皇太子は邦良親王(大覚寺統)、その次を量仁(ときひと)親王(持明院統)とする、
の3点が実質的には幕府によって提案された。しかし(3)については大覚寺統に有利なため持明院統が不満をもち一致せず、明確な協定には至らなかった。幕府の関与によって翌年、持明院統の花園(はなぞの)天皇が譲位し、尊治が後醍醐(ごだいご)として即位した。しかし、両統の対立は収まらず、のち幕府の干渉を不満とした後醍醐天皇は討幕を決意していった。[佐々木久彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の文保の和談の言及

【両統迭立】より

…このとき,持明院統の皇位は後伏見系に,大覚寺統の皇位は後二条系にそれぞれ将来は伝えられるべきことが定められており,持明院統が後伏見系と花園系に,大覚寺統が後二条系と後醍醐系に再分裂し,両統分立が四統分立になる兆候が見られた。 こうした状況を憂慮し,また皇室内部の対立・抗争にまきこまれることを懸念した幕府は,1317年(文保1)使者を上洛させて両統の協議による皇位継承ルールの画定を促した(文保の和談)。しかし協議は難航し,幕府から出された,(1)花園天皇から尊治親王(後醍醐天皇)への譲位,(2)在位年数を10年と定め,両統迭立を制度化する,(3)後二条天皇の皇子邦良親王を皇太子とし,次の皇太子を後伏見上皇の皇子量仁親王とする,の3点を内容とする妥協案も,第3点について両統の一致を見ず,結局両統迭立の問答は決着がつかぬまま,ともかくも幕府案の第1点をいれて翌年花園天皇は譲位し,後醍醐天皇が立った。…

※「文保の和談」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

文保の和談の関連キーワード西園寺実兼北条高時摂津親鑒

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android