文治主義(読み)ぶんちしゅぎ(英語表記)Wen-zhi zhu-yi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「文治主義」の解説

文治主義
ぶんちしゅぎ
Wen-zhi zhu-yi

儒家の主張する礼楽思想に基づく政治から清にいたる中国および江戸時代の日本の政治史において特に重んじられた統治方法で,武断主義あるいは法治主義に対する語。中国における文治主義は,実際には,科挙制度によって選抜された文人官僚による官僚的支配を意味しているにすぎず,現実には法治主義と並行しつつ,それを粉飾するような形でしか存在しえなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「文治主義」の解説

文治主義
ぶんちしゅぎ

中国の為政者を抑え,文を重んじて国を統治する方針
唐末期〜五代の武人の割拠主義の弊害を除き,中央集権体制を整備するため,武官が占めていた官職をしだいに文官に入れかえて学問・文化を奨励武備の弱化によって,後年異民族の圧迫に悩まされるようになった。の太祖趙匡胤 (ちようきよういん) の文治主義が有名。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android