コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断夫山古墳 だんぷやまこふん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

断夫山古墳
だんぷやまこふん

愛知県名古屋市熱田区にある前方後円墳。現在名古屋の市街地にあって,地形はあまりはっきりしないが,北から南へかけて延びる台地南端に近いところに位置している。全長約 150mで濃尾平野では最大のもの。埴輪も出土している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

だんぷさんこふん【断夫山古墳】


愛知県名古屋市熱田区旗屋にある古墳。熱田神宮公園の中にあり、東海地方最大の前方後円墳で、全長151m、前方部の幅116m、高さ16.2m、後円部の径80m、高さ13mの規模を誇り、前方部が発達した前方後円墳としては新しい時期のものである。後円部は台状で3段に築かれていたとみられ、傾斜面に弥生時代の流れをくんだ円筒埴輪(はにわ)をめぐらせて、河原石の葺石(ふきいし)を敷いた造りになっていた。また、前方部と後円部の間に「造り出し」と呼ばれる方形の壇が造られ、須恵器(すえき)なども発見されたことから、ここで祭事が行われていたと考えられる。古墳の内部構造は未調査でわかっていないが、1987年(昭和62)に国の史跡に指定された。現在は石垣で組まれ、区画された周濠があるが、以前はもっと幅の広い濠がめぐらされていたと考えられる。伝承では日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の妃(きさき)、宮簀姫(みやずひめ)の墓と伝えられるが、5~6世紀に尾張に勢力を伸張していた尾張氏の首長の墓とも考えられる。なお、近くには同様に神話伝承の残る白鳥(しろとり)古墳もある。市営地下鉄名城線神宮西駅から徒歩約5分。

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

断夫山古墳
だんぷやまこふん

名古屋市熱田(あつた)区旗屋(はたや)町神宮公園内にある、東海地方最大の前方後円墳。全長151メートル、高さは前方部で16.2メートル、後円部で13メートルあり、前方部の発達した形態を示す。南面する三段築成の墳丘に周濠(しゅうごう)を巡らし、西側くびれ部に小丘状の造り出しをもつ。墳丘には須恵(すえ)質、土師(はじ)質の大型円筒埴輪(はにわ)を巡らし、くびれ部から須恵器が出土しているという記録があるほかは、主体部施設などいっさいが不明である。尾張(おわり)氏の祖とされる宮簀媛命(みやずひめのみこと)の墓とする伝承がある。[安達厚三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の断夫山古墳の言及

【尾張国】より

…尾張氏は,ヤマトタケル伝説を媒介として,皇室とのつながりを誇示する豪族であった。尾張国第一の規模をもつ断夫山古墳は,ヤマトタケルと結ばれたミヤズヒメの墓と伝えられるが,もとより史実ではありえない。律令体制下では,中島,海部(あま),葉栗,丹羽(にわ),春部(かすがべ),山田,愛智,智多の8郡を管する。…

※「断夫山古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

断夫山古墳の関連キーワード愛知県名古屋市熱田区造り出し日本武尊葺石墳丘尾張

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android