新エネルギー・産業技術総合開発機構(読み)しんえねるぎー・さんぎょうぎじゅつそうごうかいはつきこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新エネルギー・産業技術総合開発機構
しんえねるぎー・さんぎょうぎじゅつそうごうかいはつきこう

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構法 (平成 14年法律 145号) に基づき,2003年 10月に設立された独立行政法人。 1980年,石油代替エネルギーの総合開発を行なう特殊法人新エネルギー総合開発機構として発足。 1988年,新エネルギー・産業技術総合開発機構に改組・拡充されたのち,独立行政法人に移行した。経済産業省の所管。国内外の経済的社会的環境に応じたエネルギーの安定的かつ効率的な供給の確保ならびに経済および産業の発展に資することを目的とし,(1) 新エネルギー・省エネルギー技術の開発および導入普及事業,(2) 産業技術の研究開発関連事業,(3) 石炭経過業務事業,(4) アルコール製造および販売事業,などを行なう。個々の民間企業だけでは実施できない研究開発を,産官学のネットワークと公的資金を活用して推進する役割を果たす。本部は神奈川県川崎市

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しんエネルギーさんぎょうぎじゅつ‐そうごうかいはつきこう〔シン‐サンゲフギジユツソウガフカイハツキコウ〕【新エネルギー・産業技術総合開発機構】

新エネルギー・省エネルギーの開発及び導入普及事業、産業技術の研究開発関連事業などを行う経済産業省所管の国立研究開発法人の一。当初、石油代替エネルギーの総合開発を主業務とする特殊法人として昭和55年(1980)に政府及び民間の出資により、新エネルギー総合開発機構を設立、昭和63年(1988)に産業技術の研究開発が追加され、現名称に変更。平成15年(2003)独立行政法人化。NEDO(ネド)(New Energy and Industrial Technology Development Organization)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新エネルギー・産業技術総合開発機構
しんえねるぎーさんぎょうぎじゅつそうごうかいはつきこう

太陽光発電、ソーラーシステム、地熱エネルギー、水素エネルギー石炭液化・ガス化、燃料電池などの新エネルギーについて、開発、輸送、利用、貯蔵に関する技術開発のための中核的推進母体として設立された、経済産業省所管の国立研究開発法人(独立行政法人)。英語名はNew Energy and Industrial Technology Development Organization、略称はNEDO(ネド)。「国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構法」(平成14年法律第145号)を根拠法とする。前身は1980年(昭和55)に設立された特殊法人で、当初の名称は新エネルギー総合開発機構であった。1988年10月、産業技術研究開発を事業の一環に加え現名称に変更、2003年(平成15)10月に独立行政法人化され、2015年4月に国立研究開発法人に移行した。本部は神奈川県川崎市幸(さいわい)区大宮町。
 オイル・ショックを契機として、日本では新エネルギー開発の必要性が認識された。その結果、通産省工業技術院(現、産業技術総合研究所)を中核として国家プロジェクト「サンシャイン計画」がスタートしたが、NEDOは、新エネルギープロジェクトの技術開発推進にあたって重要な役割を果たしてきた。また、技術開発のほか、開発途上国への技術移転のための国際協力事業も実施している。また、新エネルギー技術以外にも、先駆的、基礎的な産業技術の研究開発に事業分野を拡大しており、1990年度(平成2)からは地球環境産業技術の研究開発などにも着手している。1993年度から2000年度まで、「サンシャイン計画」による新エネルギー技術開発、「ムーンライト計画」による省エネルギー技術開発、さらに地球環境技術開発を一体化して推進する「ニューサンシャイン計画」が実施されたが、NEDOはその中核的推進母体の一つであった。[小山 堅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新エネルギー・産業技術総合開発機構の関連情報