コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新バビロニア しんバビロニア Neo-Babylonia

4件 の用語解説(新バビロニアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新バビロニア
しんバビロニア
Neo-Babylonia

カルデア人 (バビロニア人) がアッシリア帝国を滅ぼして再建した帝国 (前 625~539) 。アッシリアアッシュールバニパルの死後,ナボポラッサル (在位前 626~605) がバビロニアを掌握し,メディア王国と結んでニネベを陥落させた (前 612) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

新バビロニア【しんバビロニア】

カルデアのナボポラッサルが前625年に開いた王朝。次王ネブカドネザル2世はエジプトを討ち,エルサレムを破壊して住民を首都バビロンに移し(バビロン捕囚),王国最盛期をもたらした。
→関連項目カルデア人キュロス[2世]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しんバビロニア【新バビロニア】

カルデア人によって開かれた古代オリエントの王朝。前625‐前539年。カルデア王朝ともいう。カルデア人は前8世紀までに南バビロニア一帯に部族に分かれて定着し,名目的にはバビロン王に臣従していた。しかしティグラトピレセル3世以降のアッシリアは強く,バビロンはその属国としてアッシリアの直接・間接の支配を受けた。この間バビロンがアッシリアに完全に吸収されることなくその伝統を保ち,新バビロニア時代に史上最大の栄華をみることができたのはカルデア人のおかげであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんバビロニア【新バビロニア】

紀元前七世紀後半、カルデア人によってバビロニアに建設された王国。ネブカドネザル二世のとき最盛期を迎えたが、前538年アケメネス朝ペルシャに滅ぼされた。カルデア王国。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の新バビロニアの言及

【カルデア人】より

…カルデア人は軍事的には強くなかったが,ナツメヤシの生産やペルシア湾貿易のおかげで経済的には豊かであった。宿敵であったアッシリア帝国が滅びた後,カルデア人ナボポラッサルによって新バビロニア王国(カルデア王朝)が建てられ(前625),ネブカドネザル2世の治世に最も繁栄し,当時のバビロンは世界の七不思議の一つに数えられた。イスラエルの民のバビロン捕囚もこの王の治世中のことであった。…

【ナボポラッサル】より

…新バビロニアの王。在位,前625‐前605年。…

【バビロニア】より

…この期間の前半は,中部および北部メソポタミアを勢力下においたアラム人によりバビロニアと西方および北方との交易路が完全に閉ざされたこと,および中央政権の弱体化と反比例して特権都市を中心とした地方分立化の傾向が増したことなど,また後半は新アッシリアの台頭によってバビロニアの存在が常に危機にさらされていたこと,などがバビロニアの政治的・経済的疲弊の主たる原因といえる。しかしこの間に,バビロニアの政治と文化の担い手が,カッシート人からカルデア人に交代し,バビロニア史最後の栄光である新バビロニア帝国誕生の準備がなされていたことを忘れるわけにはいかない。
[新バビロニア帝国時代]
 前8世紀半ばころから前7世紀半ばにかけての新アッシリア帝国全盛時代に,バビロニアはアッシリアの直接・間接の支配を受けたが,カルデア人たちはこの間反アッシリア運動の先頭に立ち,ついに前625年ナボポラッサルによりカルデア人自身の王朝が打ち建てられた。…

【メソポタミア】より

… 一方イラン高原では前670年ころメディア人諸部族が統一され,しだいにエクバタナ(現,ハマダーン)を中心に強盛となった。またカルデア人のナボポラッサルは前625年にバビロンに入城し,カルデア王朝(新バビロニア)を樹立している。アッシリアの首都ニネベはメディア,新バビロニア連合軍によって前612年に破壊され,ここにアッシリア帝国は事実上滅亡した。…

※「新バビロニア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新バビロニアの関連キーワード岡山市立オリエント美術館古代オリエント博物館トリエントオリエン太オリエントより愛をこめて古代オリエント博物館カードおりえんとびいなすサン・オリエント・サン 太陽讃歌アテネ競技場ギリシア科学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新バビロニアの関連情報