コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新富[町] しんとみ

2件 の用語解説(新富[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

新富[町]【しんとみ】

宮崎県中部,児湯(こゆ)郡の町。一ッ瀬川河口左岸を占め,日向灘(ひゅうがなだ)に面する。日豊(にっぽう)本線が通じる。キュウリなどの促成栽培,米作を行う。西部に洪積台地新田原(にゅうたばる)があり,古墳が多く,航空自衛隊基地がある。
→関連項目国富荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんとみ【新富[町]】

宮崎県中部,児湯(こゆ)郡の町。1959年新田(にゆうた)村と富田(とんだ)村が合体,改称。人口1万8037(1995)。一ッ瀬川河口北岸に位置し,東は日向灘に面する。近世を通じて新田,伊倉,上富田,下富田は佐土原藩,三納代(みなしろ),日置(へき)は高鍋藩に属した。耕地が広く,畜産や野菜の促成栽培を中心に農業が行われ,北西部の洪積台地は畑地帯,南東部の一ッ瀬川沿いは水田地帯になっている。北西部の台地一帯には200基の古墳からなる新田原(にゆうたばる)(東都原)古墳群(史)があり,その東に航空自衛隊新田原基地もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone