コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新日本製鉄[株] しんにほんせいてつ

1件 の用語解説(新日本製鉄[株]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんにほんせいてつ【新日本製鉄[株]】

正しくは〈しんにっぽんせいてつ〉と発音する。1970年3月,八幡製鉄(株)と富士製鉄(株)が合併して成立した日本最大の銑鋼一貫生産メーカーで,生産規模はUSスチール社を上回って世界第1位である。同社の製鉄所は第2次大戦前から操業を続けている八幡,戸畑,広畑,釜石,室蘭のほか,戦後発足した堺,名古屋,大分,君津などであり,主要製品は条鋼,鋼板,鋼管などで,生産品種のバランスがとれている。またレール生産のシェアが高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の新日本製鉄[株]の言及

【合併】より

…第2次大戦後の合併のなかで大きな関心を集めたのは,1965‐70年前後の大型合併である。1964年の三菱三重工の合併(三菱重工業が発足),大阪商船と三井船舶の合併(対等合併で大阪商船三井船舶が発足),65年の神戸製鋼所と尼崎製鉄の合併(神戸製鋼所が存続),66年の東洋紡績と呉羽紡績の合併(東洋紡績が存続),67年の日産自動車とプリンス自動車の合併(日産自動車が存続),70年の八幡製鉄と富士製鉄の合併(対等合併で新日本製鉄が発足)などである。とくに八幡,富士の二大製鉄所の合併は,1968年4月の両社の合併の決意表明以降,実業界や通産省の賛成論と経済学者の反対論が激しく対立し,活発な議論が行われた。…

【鉄鋼業】より

…この鉄鋼諸資本の競争構造は,八幡製鉄,富士製鉄,日本鋼管の先発一貫メーカー3社に対して,川崎製鉄,住友金属,神戸製鋼の後発関西3社が一貫メーカーに仲間入りしつつ激しく追い上げるという寡占資本間の競争構造であり,いわゆる〈独占品種のつぶし合い競争〉であった。しかしながら,こうした大手6社の競争的寡占体制は,70年3月八幡製鉄・富士製鉄の合併による新日本製鉄(新日鉄)の成立により,新日鉄をプライス・リーダーとする大手高炉メーカー5社の協調的寡占体制に移行した。
【鉄鋼業の現況】
 現代の世界鉄鋼業は,ソ連,アメリカ,日本,ECの4極構造であるが,先進鉄鋼業国の生産が概して停滞傾向にあるのに対して,カナダ,インド,オーストラリア,ブラジル,メキシコ,韓国などの〈中進製鉄国〉や発展途上国の鉄鋼生産が上昇傾向にあり,石油危機後の世界不況のもとで,世界の鉄鋼市場をめぐる競合は複雑な様相を呈している。…

※「新日本製鉄[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone