コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新郷[村] しんごう

1件 の用語解説(新郷[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんごう【新郷[村]】

青森県南部,三戸(さんのへ)郡の村。人口3498(1995)。奥羽山脈北部,戸来(へらい)岳(1159m)東麓にあたり,五戸川上流域を占める。村域の80%が山林で,丘陵地では早くから酪農が盛ん。1933年には酪農組合が組織され,県下で最初に酪製品の生産が行われた。近年はタバコナガイモの生産行われる。秋田県境の迷ヶ平(まよがたい)高原は74年自然休養林に指定され,キャンプ場がある。【佐藤 裕治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新郷[村]の関連キーワード南部野辺地八戸さんのへしちのへろくのへ真田太古三戸師親南部光行むかひ鶴

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone