コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傾山 かたむきやま

6件 の用語解説(傾山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

傾山
かたむきやま

大分,宮崎の県境,九州山地の北部にある山。標高 1602m。西方の祖母山と同じく流紋岩,石英安山岩から成り,ピラミッド型の山容で男性的な山岳美を誇る。ツガ,ブナの林におおわれ,祖母傾国定公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かたむき‐やま【傾山】

大分・宮崎両県境の山。標高1605メートル。山頂は三つの峰からなり、西が切り立ち傾いているように見える。祖母傾(そぼかたむき)国定公園の主要地の一。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かたむきやま【傾山】

大分・宮崎両県の境,九州山地の北部に位置し,祖母傾(そぼかたむき)国定公園に含まれる。標高1602m。地質は古生層と古第三紀の見立レキ岩層を基盤とする中新世に噴出した祖母山火山岩である。地形は西方の祖母山とともに北斜面に急傾斜面をもつ傾動地塊状の形態となっている。山頂は本傾,後傾,前傾の3岩峰に分かれており,山頂からの展望は雄大である。標高1100~1200mを境に上部はブナ林,下部はツガ林となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かたむきやま【傾山】

大分県と宮崎県の境にある山。海抜1602メートル。西に連なる祖母そぼ山とともに祖母傾国定公園の中心。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県(宮崎県)〕傾山(かたむきやま)


九州山地北東部、大分・宮崎県境の祖母傾(そぼかたむき)山地東部の山。標高1605m。山頂部は本(ほん)傾・後(うしろ)傾・前(まえ)傾の3つの岩峰に分かれ、最高地点は大分県側にある。祖母傾国定公園の中心部を占める。山腹の上部をブナ、下部をツガの原生林が垂直分布する。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

傾山
かたむきやま

大分・宮崎県境にある九州山地の主峰の一つ。標高1605メートル。基盤は古生層、中生層、その上に見立礫岩(みたてれきがん)層があり、さらにその上に祖母山(そぼさん)流紋岩をのせている。600メートル以下は常緑広葉樹林で、1100~1200メートルを境に下部はツガ林、上部はブナ林となっている。山頂は本(ほん)傾、後(うしろ)傾、前(まえ)傾の3岩峰に分かれ、西面に岩が切り立っているため、山そのものが傾いているようにみえ、傾山の名はそれに由来する。山頂から祖母、九重(くじゅう)、由布(ゆふ)、大崩(おおくえ)などの山々を望む展望は雄大である。祖母傾国定公園の一部。登山口はJR豊肥(ほうひ)本線緒方(おがた)、三重町(みえまち)駅で、山麓(さんろく)までバスがある。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

傾山の関連情報