コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早水台遺跡 そうずだいいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

早水台遺跡
そうずだいいせき

大分県速見郡日出町早水台にある縄文時代早期の遺跡。押型文土器を主体とし,撚糸文土器,無文土器石器を出した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

早水台遺跡【そうずだいいせき】

大分県速見郡日出町(ひじまち)川崎にある旧石器〜縄文(じょうもん)早期の遺跡。押型文土器を主として出土し,多数の柱穴や炉跡が発掘された。石器では石鏃(せきぞく),礫器(れっき)などが出土している。
→関連項目日出[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうずだいいせき【早水台遺跡】

大分県速見郡日出(ひじ)町川崎字小深江にある旧石器時代から縄文時代早期の遺跡。南に別府湾を望む標高約35mの海岸段丘上にある。1953年に発掘が行われて,早期の押型文土器を主体とする遺跡であることが確認され,砲弾形の尖底土器で全面に小型の山形,楕円,格子目の押型文を施す土器を早水台式と型式設定した。共伴して狭長な石鏃,尖頭状礫器が出土した。さらに64年に発掘が行われ,押型文土器を包含する層(黒色土層)の下位に文化層が2枚検出された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

早水台遺跡
そうずだいいせき

大分県速見(はやみ)郡日出(ひじ)町西小深江(にしこぶかえ)にある旧石器時代、縄文早期の重要遺跡。発掘は1953年(昭和28)6月、11月の一次、二次に続き64年の三次調査が行われた。上層の黒褐色土層には縄文早期押型文(おしがたもん)土器を主体とする土器、石器を伴う住居跡がみつかっており、広大な縄文早期遺跡として注目される。下層は二期に分類され、上部は後期旧石器、下部は角礫(かくれき)層を主体とする前期旧石器の確認が得られた。この角礫層出土の石器群は、おもに石英脈岩を材料にしたもので、中国原人の石器材料に共通したものが多い。石器を出土する文化層の年代や石器の形態など、一部には批判の声もあるが、中国や朝鮮半島に類似の石器が出土し始め、前期旧石器の有力遺跡として評価は高い。[賀川光夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の早水台遺跡の言及

【旧石器時代】より

… 3万年以上前の日本に旧人もしくは原人の文化が残されているかどうかについては,いくつかの遺跡が知られている。まず1964年には大分県早水台(そうずだい)遺跡の基盤直上から石英脈岩製のチョッパーやチョッピングトゥールが発掘され,65年から78年にかけて調査された栃木県星野遺跡では,武蔵野および下末吉ロームに相当する地層中からチョッパー,スクレーパー,尖頭器,彫刻刀などを含む大量のチャート製石器が出土した。早水台遺跡は約10万年前,星野遺跡は3万2000年から約8万年前までさかのぼると推定された。…

※「早水台遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

早水台遺跡の関連キーワード大分県速見郡日出町大分(県)

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android