コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日曹コンツェルン にっそうコンツェルン

5件 の用語解説(日曹コンツェルンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日曹コンツェルン
にっそうコンツェルン

1932年頃から化学工業を中心に急膨張した新興財閥の一つ。日本で最初に電解ソーダ工業を始めた化学者中野友礼が 20年に創立した日本曹達 (資本金 75万円) を中心に,九州曹達,日曹鉱業,日曹製鋼,日曹人絹パルプなど化学工業の特性を生かし相互に関連する会社を次々と設立し,日中戦争前後にコンツェルンの体制を整えた (直系会社 15,孫会社など 54,資本金総額4億 3000万円) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日曹コンツェルン【にっそうコンツェルン】

中野財閥とも。中野友礼〔1887-1965〕が1920年設立の日本曹達を中心に形成した化学工業の新興コンツェルンソーダ工業から各種化学工業,鉱業,鉄鋼業などに事業を拡大,1937年ごろには直系・傍系70社を支配した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にっそうコンツェルン【日曹コンツェルン】

昭和初期に台頭した新興コンツェルンの一つ。第1次世界大戦後の1920年に中野友礼(とものり)が日本曹達株式会社を設立し,みずからが京都帝大研究室で研究した電解法技術を採用して塩を原料に苛性ソーダ生産に着手したことに始まる。早くから副産物の塩素からさらし粉,塩酸を生産するとともに,電解技術を利用して金属ナトリウム製造など金属製錬部門にも進出したが,金輸出再禁止後のソーダ工業の活況に支えられて,34年ごろから急速に事業の多角化を展開した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にっそうコンツェルン【日曹コンツェルン】

昭和前期、中野友礼によっておこされた、日本曹達を中核とする新興財閥。ソーダ・冶金・鉱業・人絹・パルプなどが中心。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日曹コンツェルン
にっそうこんつぇるん

中野友礼(とものり)が日本曹達(ソーダ)(1920創設)をもとに築き上げた一大コンツェルンで、いわゆる新興財閥の一つ。同コンツェルンの基礎は低廉な電力の活用、すなわち電気化学工業であり、とくに電解法カ性ソーダ、その副産塩素の有効利用、および電気亜鉛製錬を出発点とする展開によって、ほぼ1937年(昭和12)ごろまでには、日本曹達を中核として、九州曹達、日曹人絹パルプ、日曹製鋼、日曹鉱業の四大子会社を軸とするコンツェルン体制を整えた。37年当時、直系子会社15社、孫会社12社を支配し、それらの公称資本金総額は2億4000万円を数えた。しかし、同コンツェルンの形成は急激(子会社数が急増するのは1934~35年から)であり、過度に膨張しすぎた事業と管理組織未整備を主原因として、38~39年ごろから経営は悪化し、40年末には中野は社長の座を追われた。以後、主力融資機関であった日本興業銀行(現みずほ銀行、みずほコーポレート銀行)の手によってコンツェルン体制は縮小整理されていった。[下谷政弘]
『三宅晴輝著『新興コンツェルン読本』(1937・春秋社) ▽宇田川勝著『昭和史と新興財閥』(教育社歴史新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日曹コンツェルンの言及

【新興財閥】より

…日本経済史上初めての大々的な重化学工業化が展開した1930年代に,主として新興の重化学工業を事業基盤にして簇生(そうせい)した企業集団。日産コンツェルン日窒コンツェルン森コンツェルン日曹コンツェルン理研コンツェルンに与えられた名称で,新興コンツェルンとも称される(〈企業グループ〉の項参照)。三井,三菱,住友をはじめとする既成の財閥が株式,社債等による外部資金の調達に消極的であったのに対して,外部資金の調達に積極的であった点が新興財閥に認められる特徴である。…

※「日曹コンツェルン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日曹コンツェルンの関連キーワード中島コンツェルン理研コンツェルンコンツェルト新興財閥新興コンツェルンクルップ・コンツェルンシュティンネス・コンツェルン東急コンツェルン満鉄コンツェルンライン・スヘルデ・フェロルメコンツェルン

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone