コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日比谷焼打事件 ひびややきうちじけん

大辞林 第三版の解説

ひびややきうちじけん【日比谷焼打事件】

1905年(明治38)9月5日、頭山満・河野広中らが主催した日比谷公園のポーツマス講和条約反対国民大会に集まった民衆が、警察署・国民新聞社・内相官邸などを焼き打ちした暴動事件。翌日戒厳令がしかれた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

日比谷焼打事件【ひびややきうちじけん】

日露講和条約ポーツマス条約)反対の民衆暴動。講和会議の内容が報道されて以降,世論は20億円の償金,沿海州の割地などを求める論調が強まっていた。条約締結日の1905年9月5日,対露同志会黒竜会を中心とする対外硬派9団体が主催の東京日比谷公園の国民大会(座長は憲政本党河野広中)に集まった民衆は,打ち続く戦勝報道による過大な講和条件への期待を裏切られ,加えて多大な犠牲を生んだことへの不満を暴発させ,自然発生的に桂太郎内閣御用新聞国民新聞社,内相官邸,警察署,交番・派出所の7割を焼打ち。
→関連項目鵜沢総明直言花井卓蔵民友社

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひびややきうちじけん【日比谷焼打事件】

日露講和条約に反対する民衆暴動。日露講和反対運動は1905年8月末,講和会議の内容が報道されて以降,約1ヵ月間全国的展開をみたが,その頂点となった,都市型暴動の最初の事件である。 ポーツマス条約に不満を抱く国民の一部は,かねて20億円の償金,沿海州の割地などを主張しており,《万朝報》《大阪朝日新聞》をはじめ各紙は条約破棄の論調に終始した。条約締結日の9月5日,対露同志会,黒竜会を中心とする対外強硬論者の9団体が主催して東京日比谷公園で〈講和条約反対国民大会〉を計画した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日比谷焼打事件
ひびややきうちじけん

日露戦争講和条約反対に端を発する民衆暴動。1905年(明治38)9月5日、ポーツマス条約に不満をもつ対露同志会を中心とする講和問題同志連合会が、日比谷公園において国民大会開催を計画。政府は事前に大会を禁止、実行委員を検束、公園を封鎖したが、集まった数万人の民衆は大会を強行した。終了後、街頭に出た民衆は投石を行い警官隊と衝突、また御用新聞の国民新聞社や内相官邸を数千から万を超える民衆が包囲したため、ここでも警官隊と衝突、抜剣した警官により多数の負傷者が出た。夕刻には民衆は東京市内の警察署、派出所、交番を襲い、2警察署、6警察分署、203派出所・交番を焼き打ち、破壊。翌6日も騒擾(そうじょう)は続き、焼け残った警察署、交番が襲撃され、キリスト教会13、電車15台が焼かれた。
 このため政府は東京市および府下4郡に戒厳令を敷き、新聞・雑誌の発売禁止・発行停止を行った。7日にも警察官署2か所が襲われたが、ようやく騒ぎが鎮まった。市内約7割の交番・派出所が焼かれ、負傷者2000人、死者17人、検束者2000人(うち起訴者308人)に及ぶ大きな騒擾であった。参加者は職工、職人、人足など戦争のしわ寄せをもっとも受けた都市無産大衆で、日比谷焼打事件は一面で排外主義の要素をもつものの、藩閥専制政治に抗した運動であり、この後の大正デモクラシー運動の出発点に位置するといえる。非講和運動は全国に波及し、約1か月間、各地で騒擾を伴いつつ展開された。[成田龍一]
『松本武裕「所謂日比谷焼打事件の研究」(司法省刑事局編『思想研究資料 特輯50』1939/復刻版・1974・東洋文化社) ▽中村政則・江村栄一・宮地正人著『日本帝国主義と人民』(『論集日本歴史12 大正デモクラシー』所収・1977・有精堂出版) ▽松尾尊兌著『大正デモクラシー』(1974・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の日比谷焼打事件の言及

【日露戦争】より

…調印の日の9月5日東京の日比谷公園で開催された同志連合会主催の国民大会は講和条約の破棄を決議し,大会参加者の一部は街頭に出て,各所で警官隊と衝突,政府系新聞を襲撃し,内務大臣官邸や警察署,交番,電車,教会などをつぎつぎと焼き打ちした。7日にかけて市民による騒擾(そうじよう)は続き,政府は6日東京市と府下5郡に戒厳令をしき,政府批判の新聞・雑誌を発禁や停刊処分とした(日比谷焼打事件)。このほか講和反対の運動は,20日ごろまで全国各地で大会や演説会を開いて決議や宣言を発し,神戸市や横浜市では民衆が暴動化した。…

【明治時代】より

… 講和の内容が,領土割譲は樺太南半だけであり,償金はまったくないことに不満を抱く対外硬派は講和反対を唱えた。9月5日の調印の日に東京日比谷で開催された講和反対国民大会には,民衆が騒擾(そうじよう)化して日比谷焼打事件を引き起こしたのをはじめ全国的に非講和運動が展開された。戦争中,国民の多くは,開戦以後のあいつぐ勝報に熱狂し,旅順陥落や奉天会戦,さらに日本海海戦などの報道は国民を狂喜させ,ちょうちん行列や戦勝祝賀会などが各地で開かれていた。…

※「日比谷焼打事件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日比谷焼打事件の関連キーワード日露戦争史(年表)ロシア革命ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画河上肇韓国統監府フランス社会党ベンガル分割

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日比谷焼打事件の関連情報