日立[市](読み)ひたち

百科事典マイペディアの解説

日立[市]【ひたち】

茨城県北東部,太平洋に面する市。1939年市制。中心市街は日立鉱山日立製作所とともに発展,国道6号線,常磐線,常磐自動車道に沿う。天正年間に発見された日立鉱山はもと赤沢銅山といい,1905年久原房之助が買収し日立鉱山となってから急速に発展した。1920年日立製作所の設立により日本の代表的な鉱工業都市となった。同社の電機,産業機械などの大工場群のほか多くの下請工場が集中して市の製造品出荷額は1兆1240億円(2003)を上げ,北関東最大の工業都市に成長。1959年には久慈川河口に日立港が建設され,商港,外材輸入基地として機能している。1960年代の貿易自由化後,日立鉱山は規模を縮小し1981年終掘となった。5月3〜5日の神峰(かみね)神社祭礼には日立風流物が公開される。2004年11月多賀郡十王町を編入。東日本大震災で,市内において被害が発生。225.74km2。19万3129人(2010)。
→関連項目企業城下町

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひたち【日立[市]】

茨城県北東部の市。1939年日立町と助川町が合体,市制。人口19万9244(1995)。西部には阿武隈高地南端の多賀山地が連なり,南は東海村との境を久慈川が東流する。日立の地名は,水戸藩主徳川光圀が神峰(かみね)神社参拝のとき太平洋から日が昇るのを望み,領内一の景とたたえた故事によるという。古代には助川郷,助川駅が置かれ,近世にも浜街道の宿場町であった。1897年には日本鉄道助川駅(現,常磐線日立駅)が開設された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android