コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日米原子力協定 にちべいげんしりょくきょうていAgreement for Cooperation between the Government of Japan and the Government of the United States of America concerning Civil Uses of Atomic Energy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日米原子力協定
にちべいげんしりょくきょうてい
Agreement for Cooperation between the Government of Japan and the Government of the United States of America concerning Civil Uses of Atomic Energy

正式には「原子力の平和的利用に関する協力のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定」という。すなわち,日本の原子力平和利用に協力し,軍事利用を防止するために核燃料や研究用特殊核燃料物質,重水などの資材提供および技術交流に関して規定した日米間の政府間協定である。 1955年6月にワシントン D.C.で調印され (1958.12.発効) ,68年2月に改訂された。さらに 74年5月のインドの核爆発実験をきっかけとして成立したアメリカ核不拡散法により 87年 11月新協定が締結された (88.7.発効) 。使用済み核燃料の再処理などに関して包括事前同意方式が導入されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

日米原子力協定【にちべいげんしりょくきょうてい】

原子力平和利用に関し協力を約する日米両国間の協定。1958年発効の旧協定により日本原子力研究所動力試験炉などが建設された。1968年に期限30年間の新協定が発効。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日米原子力協定
にちべいげんしりょくきょうてい

正式には「原子力の平和利用に関する協力のための日本国政府とアメリカ合衆国との間の協定」という。日米原子力協力協定とも略される。日本の原子力平和利用はアメリカとの協力を軸として発展してきた。この協定を通じて、日本はアメリカから濃縮ウラン、原子力資機材、技術を導入し、アメリカと原子力先進技術の研究協力を進めてきた。他方、この協定によってアメリカの核不拡散政策によるもろもろの規制を受けてきた。日本は多くの国と原子力協定を結んでいるが、日米原子力協定は、もっとも重要な協定である。
 日米原子力協定が初めて締結されたのは、1955年(昭和30)で、研究用原子炉と濃縮ウランの供給を受けるための研究協力協定であった。その後1968年に商業用原子炉を対象とする包括的な協定が結ばれた。この協定では、再処理や資材の第三国への移転などの個別のケースごとにアメリカの事前同意が必要とされ、アメリカの政権の原子力政策次第で、とくに核燃料サイクルの面で制約を受ける場合があった。
 この仕組みを大幅に変えたのが、1988年に発効した現行の協定である。双務性の確保や「包括事前同意制度」(あらかじめ定めた枠内で、再処理等の諸活動を一括して事前に承認する方式)を導入した現行協定は、2018年に有効期限を迎える。[遠藤哲也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

日米原子力協定の関連キーワード国際原子力機関向坊 隆

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日米原子力協定の関連情報