コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野強 ひのつとむ

4件 の用語解説(日野強の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日野強
ひのつとむ

[生]慶応1(1866).12.7. 伊予,小松
[没]1920. 京都,丹波綾部
軍人,アジア旅行家。 1889年陸軍士官学校を卒業。 1902~04年清・韓国境の諜報に活動,日露戦争に従軍。 06年新疆視察を命じられ,呉禄貞とともに保定,鄭州を経て陝州で大谷光瑞と合流,西安まで同行。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日野強 ひの-つとむ

1866*-1920 明治-大正時代の軍人。
慶応元年12月7日生まれ。明治39年中国,インドに派遣され,1年4ヵ月かけて伊犂(イリ)(新疆(しんきょう)ウイグル自治区)からカラコルム峠をこえてインドに到達した。中央アジア踏査で知られる。陸軍大佐。大正9年12月23日死去。56歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。陸軍士官学校卒。著作に「伊犂紀行」。

日野強 ひの-きょう

ひの-つとむ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ひのつとむ【日野強】

1865‐1920(慶応1‐大正9)
陸軍軍人。中央アジア踏査で知られる。愛媛県生れ。日清・日露戦争に従軍,1906年7月参謀本部付として新疆視察の内命を受け,同年12月,随員の上原多市とともに蘭州を出発,ハミ(哈密),トゥルファン(吐魯番),ウルムチ(烏魯木斉)を経て,07年5月イリ(伊犂)に到着。ここで上原多市と別れ,天山山中を通ってカラシャールに出,そこからクチャカシュガル,カラコルム峠を越えて,同年10月北インドのスリナガルに着いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日野強の関連キーワードオシ中央アジアプルジェワリスキー東洋音楽花剌子模中央アジアの草原にてセントラル・エイジアン・シープドッグカラテペ(中央アジア)中央アジア大暴動《中央アジアの草原にて》

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone