コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野強 ひのつとむ

4件 の用語解説(日野強の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日野強
ひのつとむ

[生]慶応1(1866).12.7. 伊予,小松
[没]1920. 京都,丹波綾部
軍人,アジア旅行家。 1889年陸軍士官学校を卒業。 1902~04年清・韓国境の諜報に活動,日露戦争に従軍。 06年新疆視察を命じられ,呉禄貞とともに保定,鄭州を経て陝州で大谷光瑞と合流,西安まで同行。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日野強 ひの-つとむ

1866*-1920 明治-大正時代の軍人。
慶応元年12月7日生まれ。明治39年中国,インドに派遣され,1年4ヵ月かけて伊犂(イリ)(新疆(しんきょう)ウイグル自治区)からカラコルム峠をこえてインドに到達した。中央アジア踏査で知られる。陸軍大佐。大正9年12月23日死去。56歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。陸軍士官学校卒。著作に「伊犂紀行」。

日野強 ひの-きょう

ひの-つとむ

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひのつとむ【日野強】

1865‐1920(慶応1‐大正9)
陸軍軍人。中央アジア踏査で知られる。愛媛県生れ。日清・日露戦争に従軍,1906年7月参謀本部付として新疆視察の内命を受け,同年12月,随員の上原多市とともに蘭州を出発,ハミ(哈密),トゥルファン(吐魯番),ウルムチ(烏魯木斉)を経て,07年5月イリ(伊犂)に到着。ここで上原多市と別れ,天山山中を通ってカラシャールに出,そこからクチャカシュガル,カラコルム峠を越えて,同年10月北インドのスリナガルに着いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日野強の関連キーワード英学池内蔵太海保漁村カッテンデイケ木下逸雲吉良仁吉小島紋次郎シーボルトニール山県太華

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone