コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋落ち あきおち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋落ち
あきおち

イネが穂の出る頃から急に生育状態が悪くなって,実入りが少なくなることをいう。地方によっては「うらこけ」ともいう。生育後期 (おもに生殖生長期) の一種の栄養障害病害 (ごま葉枯病いもち病など) などが二次的に関係したものである。その被害は水稲作の2割に及ぶといわれる。また,老朽化水田強湿田泥炭地や有機物過多田などに秋落ち現象を起こすことが多い。一般に土壌の微量要素欠乏や,粘土質の不良などの原因が考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あき‐おち【秋落ち】

秋になって、予想より米の収穫が少ないこと。
豊作のため、秋になって米相場の下がること。秋下げ。秋落ち相場。⇔秋上げ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

秋落ち【あきおち】

初期には順調に生育していたイネが出穂期ごろから生育が衰え,収量が減少する現象。原因はさまざまであるが,老朽化水田排水不良の湿田で起こりやすい。客土深耕,適切な排水工事,またイネの根に有害な硫化水素を除くための鉄分の補給,硫酸イオンを含まない肥料の使用,早期栽培などの対策によって,この現象は改善される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あきおち【秋落ち autumn decline】

水稲の生育が前期においては順調で良好であるにもかかわらず,後期(成熟期)に不良となって下葉の枯れ上がりが多くなり,茎葉に胡麻葉枯病の斑点が生じ,はげしいときは根腐れを起こし,水稲の収量は初めの生育状態から想像されるよりもはるかに少なくなる現象をさす。秋落ちの大部分が鉄欠乏の老朽化水田,排水不良の湿田に生じ,硫化水素などの還元性物質がイネの根の生育および機能を阻害することなどによって起こる。このような秋落ち水田は,1961年調査によると日本の全水田の約24%,69万haに達していたが,老朽化水田では客土,含鉄資材の投入などの土壌改良および無硫酸根肥料の施用により,湿田では排水工事により,今日ではその多くが解決されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あきおち【秋落ち】

稲作で、秋になって急に生育が衰え、穂は貧弱となり収穫が減少すること。腐植過多や排水不良となり、鉄分不足などの水田で起こりやすい。
米の豊作などによって、秋に米相場が下がること。 ↔ 秋高

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の秋落ちの言及

【老朽化水田】より

…その結果,老朽化水田に生育する水稲は,前期には生育が健全のようにみえるが,後期の生育はしだいに不良となり,葉にごま葉枯病の斑点が生じ,だんだん下葉から枯れ上がり,収量が著しく少なくなる。これを秋落ちという。老朽化水田の作土では,鉄以外に,マンガン,カルシウム,マグネシウム,ケイ酸,リン酸なども溶脱されて乏しく,また砂質で粘土含量が少ないため,肥料養分の保持力が弱い。…

※「秋落ち」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

秋落ちの関連キーワード塩入松三郎耕うん機耕土培養窒素肥料米相場秋高笹神

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android