旭日(読み)きょくじつ

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「旭日」の解説

きょくじつ【旭日】

滋賀の日本酒。酒名は、勢力が盛んな様子を表す「旭日昇天」にちなみ命名。純米大吟醸酒、大吟醸酒、純米吟醸酒純米酒本醸造酒、普通酒がある。原料米は玉栄吟吹雪渡船など。仕込み水は愛知(えち)川の伏流水蔵元の「藤居本家」は天保2年(1831)創業。所在地は愛知郡愛荘町長野。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

精選版 日本国語大辞典「旭日」の解説

きょく‐じつ【旭日】

〘名〙
① 朝の太陽。あさひ
※蔗軒日録‐文明一八年(1486)三月二二日「晴快、日透窓、朝寒頓止」 〔詩経‐邶風・匏有苦葉〕
② 勢いの盛んなことのたとえ。
※日本のむこ殿(1955)〈読売新聞社会部〉石油「旭日のアメリカのオウヨウさと、落日のイギリスのアセリを示す好対照だが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android