明珍(読み)ミョウチン

百科事典マイペディアの解説

明珍【みょうちん】

甲冑(かっちゅう)師の家系。鎌倉初期の紀宗介(きのむねすけ)が開祖と伝え,室町末期に信家が中興。室町時代から甲冑と鉄鐔(つば)の製作を併行,桃山初期にかけて全盛。江戸時代の鐔には小型厚手の鉄鐔に人物等を高彫したものが多い。正系は京都にあり,各地に分派した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みょうちん【明珍】

甲冑師の一流派。〈明珍系図〉によると,平安時代末に初代出雲守紀宗介(きのむねすけ)が京都九条に住し,近衛天皇より明珍の号を賜ったと伝え,以後連綿として江戸時代に及んでいる。しかし実際に甲冑の作品をみるのは室町時代以降からで,そのころにはすでに相州小田原,鎌倉雪ノ下,常陸国府中,上野国小幡,白井など各地に分派ができていた。江戸時代に入ると江戸,姫路,広島,高知,金沢,福井,仙台,弘前などにも広く分布し,甲冑師ではこの明珍の系統がいちばん広まった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みょうちん【明珍】

甲冑師かつちゆうしの家名。古くは轡師くつわしであったが、戦国時代より甲冑師として栄え、江戸時代には鑑定も行なった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明珍
みょうちん

甲冑(かっちゅう)師の一流派。「明珍系図」によると、平安時代末に初代出雲守(いずものかみ)紀宗介(きのむねすけ)が京都九条に住し、近衛(このえ)天皇より明珍の号を賜ったと伝える。しかしその作品がみえるのは室町以降で、室町後期にもっとも活躍したことが推察される。このころすでに小田原、鎌倉、常陸(ひたち)(茨城県)、上野(こうずけ)(群馬県)などに分派ができ、江戸時代に入ると江戸、姫路、広島、高知、金沢、福井、仙台、弘前(ひろさき)と各地に広く分布した。鉄の鍛(きたえ)がよく、堅牢(けんろう)で実用的なのがこの派の特徴で、甲冑のほか馬の轡(くつわ)、鉄鐔(てつつば)、茶道具の鐶(かん)、火箸(ひばし)や自在に動く置物などの制作も行い、そのほか古甲冑の鑑定にも権威を示した。
 17代信家(のぶいえ)(室町後期)は名工の誉れ高く、ほかに高義(たかよし)、義通(よしみち)も知られ、江戸時代にはこの三工を三作と称して珍重した。[原田一敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

みょうちん ミャウチン【明珍】

〘名〙 「みょうちんおり(明珍織)」の略。
※濁りそめ(1900)〈永井荷風〉「帯は繻珍か明珍(ミャウチン)か」

みょうちん ミャウチン【明珍】

甲冑師の家名。建久正治一一九〇‐一二〇一)の出雲守紀宗介を初祖とし、元祿~享保(一六八八‐一七三六)頃まで二十数代に及んだ。その一門は関東を中心に全国で繁栄、甲冑のほか刀の鐔(つば)やその他の鉄工品なども製作した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明珍の関連情報