コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星島二郎 ほしじま にろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星島二郎 ほしじま-にろう

1887-1980 大正-昭和時代の政治家。
明治20年11月6日生まれ。大正9年から衆議院議員連続17回当選。普選婦人参政権運動や治安維持法反対運動に活躍。戦後は日本自由党結成に参加し,第1次吉田内閣の商工相,国務相。サンフランシスコ講和会議全権委員。昭和29年日本民主党の結成に参加。33年衆議院議長。昭和55年1月3日死去。92歳。岡山県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の星島二郎の言及

【片山哲】より

…1912年卒業,弁護士となる。20年星島二郎らと中央法律相談所を開設,“法律の民衆化”をめざす。26年社会民衆党結成に参加,書記長に就任,30年の総選挙で衆議院議員に当選。…

※「星島二郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

星島二郎の関連キーワード星島二郎(ほしじまにろう)星島二郎(ほししまにろう)星島義兵衛日本国憲法昭和時代上杉慎吉加藤六月片山哲

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android