コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昭島[市] あきしま

百科事典マイペディアの解説

昭島[市]【あきしま】

東京都中部,立川市西隣の市。1954年市制。武蔵野台地の一部を占め,南部を多摩川が流れる。昭和初期までは養蚕の盛んな農村地帯であったが,1937年の日中戦争後立川飛行場を中心とする軍需産業が発達。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あきしま【昭島[市]】

東京都立川市の西に隣接する市。1954年,昭和町と拝島村が合体,市制,改称。人口10万7292(1995)。多摩川北岸の武蔵野台地上にあり,縄文初期の土器,住居跡が発見されているが,集落の形成は中世以降で,拝島は江戸時代に日光街道沿いの宿場町として栄えた。気候や土地条件が養蚕に適し,旧昭和町地区は昭和初期には全国屈指の養蚕村となったが,日中戦争後,昭和飛行機の大工場をはじめとする航空機産業などが進出し,しだいに工業の町に変わり,人口も1935‐40年に倍増した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

昭島[市]の関連キーワード東京都立川市