時には(読み)トキニハ

デジタル大辞泉の解説

ときに‐は【時には】

[連語]場合によっては。たまには。「時には遅く帰ることもある」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ときには【時には】

( 連語 )
あるときには。場合によっては。まれには。 「 -冗談を言うこともある」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とき【時】 に は

ときに【時に】 は

① 先行する事柄を受けて、その結果起こる事柄を述べるときに用いる語。そうすれば。それならば。
※歌舞伎・傾城壬生大念仏(1702)上「瑠璃姫・彦六を殺せば、此家は身が物。時にはそちを身が女房にして、安楽に暮させふが」
② その時宜によっては。場合によると。時として。
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉三「時には勝手口から飄然(へうぜん)と舞ひ込む事もある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時にはの関連情報