時には(読み)ときには

精選版 日本国語大辞典「時には」の解説

ときに【時に】 は

① 先行する事柄を受けて、その結果起こる事柄を述べるときに用いる語。そうすれば。それならば。
※歌舞伎・傾城壬生大念仏(1702)上「瑠璃姫・彦六を殺せば、此家は身が物。時にはそちを身が女房にして、安楽に暮させふが」
② その時宜によっては。場合によると。時として。
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉三「時には勝手口から飄然(へうぜん)と舞ひ込む事もある」

とき【時】 に は

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「時には」の解説

ときに‐は【時には】

[連語]場合によっては。たまには。「時には遅く帰ることもある」
[類語]臨時随時不時不定期折に触れて当座時として往往たまたまたまさか時時ときどき時折折折時たま間間折節散発間欠周期的とかく時にたまややもすればともすると得てしてなにかにつけ何かと言えば

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android