散発(読み)さんぱつ

精選版 日本国語大辞典「散発」の解説

さん‐ぱつ【散発】

〘名〙 たまなどがまばらに出ること。また、物事がときどき起こること。→散発的
野火(1951)〈大岡昇平〉二「時々何処か附近の山山で散発する迫撃砲の音が混った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「散発」の解説

さん‐ぱつ【散発】

[名](スル)
弾丸などが間をおいて発射されること。「散発する銃声
物事が間をおいて起こること。「散発五安打に抑えられる」
[類語](1単発暴発不発/(2臨時随時不時不定期折に触れて当座時には時として往往たまたまたまさか時時ときどき時折折折時たま間間折節間欠周期的とかく時に時にはたまややもすればともすると得てしてなにかにつけ何かと言えば

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android